AY2010 (ICU)

世界における日本の
新たな役割を求めて

- 冷戦終結から20年、外交政策のあり方を考える -



開催日時
2011年11月13日(土)9:30 - 18:00
開催場所
国際基督教大学 東ヶ崎潔記念ダイアログハウス国際会議場
主催
社会科学研究所(SSRI - ICU)
共催
グローバル・コンサーン研究所 (IGC - 上智大学)

開会の挨拶

鈴木典比古(ICU学長)
ヴィルヘルム・フォッセ(SSRI所長)

日本は、ミドルパワー、シビリアンパワー、リージョナル
パワー、それとも、ポスト・トラディショナルパワーなのか

民主党政権下の日本外交:パラダイムシフトは起きるか

添谷芳秀 (慶應義塾大学)

日本のリージョナルな役割とグローバルな役割に関する国内の議論

普天間基地移設問題と世論の動向 - 本土と沖縄の差は拡大したか
- 安野 正士 (上智大学)

日本の外交政策オプションに関する世論のインパクト
- ポール・ミッドフォード(ノルウェー科学技術大学)

日本の安全保障戦略とその課題
-市川 恵一 (外務省, 日本)

司会: 梅津至(ICU、元外務省)

日本の外交政策オプションに関する国内的視点

添谷芳秀 (慶應義塾大学)
安野 正士 (上智大学)
ポール・ミッドフォード(ノルウェー科学技術大学)
市川 恵一 (外務省, 日本)

司会: 梅津至(ICU、元外務省)

リージョナルおよびグローバルなパートーシップの現状と
将来のオプション

アジア太平洋の安全保障における日本の役割

ウィリアム・タウ(オーストラリア国立大学)

アジアの中の日本

白石隆(内閣府総合科学技術会議)

日本のパートナーとの関係:協力と抑止の間

現在の日米関係と将来のオプション
- アンドリュー・オロス(ワシントン・カレッジ)

日中関係ー相互依存化の複雑さ
- ラインハルト・ドルフテ(ニューカッスル大学、英国王立統合防衛研究所)

西太平洋の荒海:激化する東アジアの海洋紛争と民主党政権下における日本の反応
- 佐藤洋一郎 (立命館大学)

現在の日印関係と将来のオプション
- モハメッド・バドルール・アラム(ジャミア・ミリア・イスラーム大学)

司会: ウィルヘルム・フォッセ(ICU)

日本の外交政策のオプションに関する国際的視点

ウィリアム・タウ(オーストラリア国立大学)
白石隆(内閣府総合科学技術会議)
アンドリュー・オロス(ワシントン・カレッジ)
ラインハルト・ドルフテ(ニューカッスル大学、英国王立統合防衛研究所)
佐藤洋一郎 (立命館大学)
モハメッド・バドルール・アラム(ジャミア・ミリア・イスラーム大学)

司会: ウィルヘルム・フォッセ(ICU)

共同の祈り

小山英之司祭(上智大学)
北中晶子伝道師(ICU)

閉会の辞

中野晃一(IGC所長)

    Copyright © 2018 ICU International Christian University - All Rights Reserved
    AY2010 (ICU) 社会科学研究所  Jp sitemap  En sitemap