公開講演会

予定中の公開講演会(2018年度)


過去の公開講演会(2018年度)

4月24日(火)13:15~15:00 本館1階 H-152

Politics and Protest: 1840s-1880s: Creating the people's voice 民声の構築

by Emeritus Professor William Steele, International Christian University

The voice and language of political protest in Japan has sounded throughout modern Japanese history. This lecture explores the culture of popular protest - its language and visual expression - in the late 19th century with reference to 20th century ideas of popular protest.

Prof.Steele_1.JPG

Prof.Steele_2.JPG

Prof.Steele_3.JPG

Prof.Steele_4.JPG


4月18日(水)16:30~18:00 教育研究棟 (ERB) 2階 247/249

Protean Power: Exploring the Unexpected and Unpredictable in World Politics

by Professor Peter Katzenstein, Walter S. Carpenter, Jr. Professor of International Studies, Cornell University

This lecture discusses how the dynamics of protean and control power can be tracked in the relations among different state and non-state actors, operating in diverse sites, stretching from local to global, in both times of relative normalcy and moments of crisis.

Prof.Katzenstein_1.JPG

Prof.Katzenstein_2.JPG

Prof.Katzenstein_3.JPG

Prof.Katzenstein_4.JPG


2016年度(2016年4月~2017年3月)

11月11日「再生可能エネルギーへのシフト」吉田明子(国際環境NGO「FoE Japan」)

11月2日「ヒューマンライツ・ナウの国際人権活動」伊藤和子(国際NGOヒューマンライツ・ナウ)

10月31日「自民党改憲草案の目指すものーこの国をどのように変えようとしているのか」Prof. Thomas Wilkins Oct.31,2016 (University of Sydney)

10月20日「やまゆり園事件、災害時トリアージュ、生命の選別」村上陽一郎(ICU名誉教授)

10月12日「CSRと国連グローバル・コンパクト」有馬利男(グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン)

10月6日「国際機関におけるマルチリンガル」Prof. Coulmas Florian (Duisburg University)

6月10日「自民党改憲草案の目指すものーこの国をどのように変えようとしているのか」稲正樹(元ICU教授(憲法学))

6月1日「「当たり前」とは何か ー 記号論的非対称と正常性の社会的構造」Professor Eviatar Zerubavel(Rutgers University)

5月23日「広島と長崎に関する過去の記憶の衝突」Dr.Yuki Ando (Waseda University, Institute of Asia Pacific Studies)

5月19日「EUの開発援助協力」山本愛一郎(一般財団法人日本国際協力センター)

5月16日「アグロエコロジーと食料主権~ラテンアメリカの事例を通して」Professor Miguel Altieri (University of California, Berkeley)

5月11日「行動経済学入門」大垣 昌夫(慶応義塾大学経済学部 教授)

4月21日「国際企業法務と企業の社会的責任-ニューヨークの経験から」伊藤豊(西村あさひ法律事務所)

4月11日「現代における名誉の政治学」 Professor Haig Patapan (Griffith University) 


2015年度(2015年4月~2016年3月)

2月18日「JFC問題とは何か?-人権を考えるー」伊藤里枝子(JFCネットワーク)

2月15日 "The 21st Century Trade Game: Balancing Interests in East Asia" Prof. Bryan Mercurio (Chinese University of Hong Kong)

2月9日「赤十字国際委員会の活動」柴崎大輔 政策担当官(赤十字国際委員会駐日事務所)

2月4日「インターネットの役割と課題」吉田奨(ヤフー株式会社)

2月2日「ソーシャルメディア時代のソーシャルネットワーク」ユンジェ・ナム(慶熙大学校・ICU)

2月2日「気候変動パリ協定の読み方」毛利勝彦(ICU教授)

2月2日「コンヴィヴィアリズムの挑戦」中野佳裕(ICU SSRI助手・研究員)

12月14日 "Denaturalizaing Human Security: Beyond Problem-Solving and Critical Theory" Prof. Mustapha Kamal Pasha (Aberystwyth University)

12月14日「安倍・習政権下での日中関係の展望:インドからの視点」" Dr. Rupakjyoti Borah (National Chung Hsing University)

12月11日「中国は独自のバラク・オバマを参照なのか?広州のアフリカのトレーダーについて」" Prof. Gordon Mathews (香港中文大学)

12月10日「2015年後のアフリカにおける人間開発・人間の安全保障の見通し」Prof. Timothy Shaw (マサチューセッツ大学), Prof. Jane Parapet (マサチューセッツ大学)

11月5日「世界の子ども達とユニセフの活動 成果と課題」池田礼子(日本ユニセフ協会 学校事業部)

11月3日 "'Securitization' and Human Rights Promotion in East Asia: Aligning Japanese Policy with Ongoing Practice" アンドレ・アスプルンド(ストックホルム商科大学 欧州日本研究所 リサーチ・フェロー)

10月20日 "Domestic Politics and the Post-Cold War Evolution of SDF & Legal Strictures" ベン・アショーネ (オーストラリア国立大学 PhD Candidate)

10月8日 "Acculturation Strategies: Belonging, Identity, and a Multicultural Japan? " アダム・コミサロフ(麗澤大学 教授)

6月3日「マクロ経済モデルの推定と選択」新谷元嗣(東京大学 先端科学技術研究センター 教授)

5月25日「安心と不安:生活者感覚とは」村上陽一郎(ICU名誉教授)

5月8日「キリスト教(徒)は原発とどのように向き合うのか:環境神学の思想と実践から」木村護郎クリストフ(上智大学 教授)

4月21日「ITビジネスと法―ビジネスモデルと法の相互作用」玉井 克哉 (東京大学 先端科学技術研究センター 教授)


    Copyright © 2018 ICU International Christian University - All Rights Reserved
    公開講演会 社会科学研究所  Jp sitemap  En sitemap