アジアンフォーラム 

アジアンフォーラム

アジア文化研究所では、下記の通りアジアンフォーラムを開催いたします。

2017年度のアジアンフォーラムは、アジア研究や日本研究と関わる卒業生を中心にお招きして、ICUの学びと使命を歴史的に考えてみる機会を設けたいと思います。
どなたでもご参加いただけます。皆様の参加をお待ちしております!

過去のアジアンフォーラム ( 1998-2005 / 2006-2010 / 2011-2016 )


Asian Forum 「ICUの学びとアジアの平和」 シリーズ  第4回

今回は、安藤博文先生(第5期)をお迎えして、「湯浅八郎先生との出会いから」というテーマでご講演をいただきます。

第173回 Asian Forum
2017年12月19日火曜日
12:50-13:50
東ヶ崎潔ダイアログハウス中会議室203、204

安藤博文(ANDO, Hirofumi)
元国連人口基金事務次長
元日本大学総合大学院教授
元Thailand Development Research Institute 上級客員研究員
元コンケン大学地方行政学部教授
ICU(5期、1961年卒業)

「湯浅八郎先生との出会いから」
ICUでの経験がいかに小生のアジア研究とアジアの人口問題解決の仕事に関係があり、役に立ったのか、特に初代の総長の湯浅八郎先生との出会いがどんな影響があったのかについて、かなり私的な経験ですがお話したいと思います。

講演は日本語で行われます。

Poster


Asian Forum 「ICUの学びとアジアの平和」 シリーズ  第3回

今回は、浅井重郎先生(10期、第1回DAY受賞者)をお迎えして、「ICUで学んだこと、タイの人たちが教えてくれたこと」というテーマでご講演をいただきます。

第172回
2017年10月3日火曜日
12:50-13:50
東ヶ崎潔ダイアログハウス中会議室203、204

浅井重郎(ASAI, Shigeo)
タイ国農業指導者
1966年ICU卒業

ICUで学んだこと、タイの人たちが教えてくれたこと
That I Had Learnt at ICU and That Thai People Taught Me

1.  自己紹介
2.  英語劇 ”仲人役” で裏方役の大切さを学んだ 学生は先ず人の話を聴けもコンボケーションの時間に学んだ
3.  3年生の時、インドネシアでのワークキャンプに参加して、 農村の生活に触れた。
4.  農業技師になりたい――なんで有機農業なのか?
5.  家族とともにタイ国へ行く――困ったこと、難しかったこと
6.  タイ国の農場で働く――なんで裏方役なのか?
7.  タイの人たちが教えてくれたこと
a. 隣国と戦争をしない、仕掛けない人たち
b. 口をはっきり大きく開けて、動かして話すことの明快さ
c. 目と目が会うとニッコリすることの大切さ、知らない人とでも。
d. 学生の時に読んだ詩  ”仕事は大切、しかしそれは人生で最も大切なものではない  人は愛を歌うが、仕事を歌う人はいない、、、” を実践するタイの人たち
8.  タイ国の農場で働くための準備が十分ではなかったが、タイの 人たちが親しく受け入れてくれたことは、幸いであった。

講演は日本語で行われます。

Poster


Asian Forum 「ICUの学びとアジアの平和」 シリーズ  第2回

今回は、松田博公先生(12期,SS)をお迎えして、「東洋医学の挑戦-『黄帝内経』の世界」というテーマでご講演をいただきます。

第171回
2017年6月16日金曜日
12:50-13:50
本館309号室

松田博公 (MATSUDA Hirokimi)
日本伝統鍼灸学会.
1969年ICU社会科学科卒業。共同通信社記者をへて、鍼灸ジャーナリストへ。
主な著書に『鍼灸の挑戦ー自然治癒力を生かす』(岩波新書2005年)など

東洋医学の挑戦-『黄帝内経』の世界
A Challenge of Traditional Asian Medicine
The World of “Kotei Daikei (The Yellow Emperor’s Classic of Medicine)”

古代ギリシャのヒポクラテス医学と同じく、中国古代医学も、ひとの身体には病を癒やす力があるという自然治癒力思想に立脚していました。その伝統は、中国古代医学の日本的な形である漢方・鍼灸術に深く引き継がれています。自然治癒力の思想史を、古代ギリシャ、中国の古典『黄帝内経』、江戸時代の医学へとたどり、日本医学の固有性を作りだした日本文化の自然主義的な特徴を探るとともに、自然治癒力思想の社会観としての価値にも触れたいと思います。

講演は日本語で行われます。

Poster


Asian Forum 「ICUの学びとアジアの平和」 シリーズ第1回

今回は、吉馴明子先生(10期)をお迎えして、近著『現人神から大衆天皇制へ』およびこれまでの研究についてご講演をいただきます。

170th
2017年5月9日火曜日
13:15-14:15
本館 260号室

吉馴明子 (YOSHINARE, Akiko)
恵泉女学園大学名誉教授

「海老名弾正とヤスクニ問題」
(講演の概要については、近日中に公開いたします。)

講演は日本語で行われます。

なお、吉馴先生は本年4月に以下のご編著を刊行されました。

現人神から大衆天皇制へ:昭和の国体とキリスト教

Poster