教育研究

最新号62号が刊行されました。

教育研究所では毎年3月に研究論文集『教育研究』を刊行しています。『教育研究』は主に教育学、心理学、言語学、社会学、哲学、コミュニケーションなど多岐に渡る論文で構成されています。『教育研究』への投稿に関する詳細は「お知らせ」にて適宜、情報を公開しています。また、掲載論文は、国際基督教大学リポジトリ国立情報学研究所の論文検索サイトにて全文閲覧ができます。

教育研究62号


■ はじめに
/ 西村馨

■ 研究論文

日韓における大学生の感謝表現の比較研究

/金 明煕・呉 恵卿

都市部の在日フィリピン人の母親の心理的ウェルビーイングと養育に関する自己効力感に置ける心理社会的エコロジカル要因の役割

/桑山 碧実・笹尾 敏明

*LONG-C制約を用いた南琉球八重山波照間方言の語頭帯気音に関する考察

/李 勝勲・麻生 玲子

異文化理解を促進するための教師の質問ー英語の謝罪に関する振り返りの事例研究ー

/武田 礼子

高等教育における社会風土の役割ー反転学習の実証的文献レビューー

/タン シアウエン・笹尾 敏明

■ 研究ノート

日本の雇用,社会システムにおける性差別及び人権について

/バックリー 節子

漸近線の誘惑 ―科学的心理学の意味について―

/川津 茂生

韓国における英語教育の変遷に関する考察 -学校教育課程を中心に-

/金 泰勲

異文化間コミュニケーションとメンタライジング ―異文化適応支援とストレス反応の視点から―

/栗田 七重

大学英語授業における英語資格・検定試験の利用と位置付け -自主的学習促進の観点から-

/松岡 弥生子

働く女性と英語 ―ビジネス雑誌表紙の分析から―

/森住 史

オンライン談話の中のコードスイッチング ―日英バイリンガルの PC・携帯での言語使用―

/中邑 啓子

児童・思春期の治療的・発達促進的グループにおけるセラピストの姿勢

/西村 馨・木村 能成・那須 里絵

アメリカのリベラルアーツ大学におけるグローバルシティズンシップの探求 ―4大学の事例研究から―

/西村 幹子

日本語の強量化子の類型論的分析

/於保 淳

■ ノート

2019 年度バイリンガル・マルチリンガル子どもネット研究会―報告―

/高橋 悦子・澁川 晶・小澤 伊久美 

■ 書評

「スロー・プロフェッサーを目指して:大学におけるスピード文化への挑戦」

笹尾 敏明

■ 所報

2019年度 教育研究所 公開講演,ワークショップ,シンポジウムリスト

退職記念

佐藤豊先生との出会いに深く感謝して

/半田 敦子

■『 教育研究』編集方針

■『 教育研究』原稿執筆要項

  • gnl3.png

Copyright © 2018 ICU International Christian University - All Rights Reserved
教育研究 教育研究所  Jp sitemap  En sitemap