NEW講演会:教育・学修支援を支える教学デザイン・組織デザイン

2022-11-15

カテゴリ: , ,

杉森先生ポスター.jpg

◆イベント名

ICUグローバル言語教育研究センター主催・教育研究所共催
デザインによる課題解決と未来展望 連続講演会

第五弾「教育・学修支援を支える教学デザイン・組織デザイン」

◆概要

教育・学修を支える教学デザインには、3つのレベルがある。全学レベル(マクロ)、学位プログラムレベル(ミドル)、授業レベル(ミクロ)、それぞれ検証する対象・方法が異なっている。

マクロレベル・ミドルレベルでの授業科目とディプロマポリシーの連関図(カリキュラム・マップ)、ミクロレベルでの学修プロセス評価(学修ポートフォリオ)の間には隔たりが生じることがある。

学生ひとりひとりの達成度把握と履修助言を実現するアカデミック・アドバイジングを機能させる組織デザインを行なっていくために、どのようなことに気をつけていけばよいのか考えるきっかけとしたい。

日時:2022年12月2日(金) 10:00-12:00(Zoomは9:45より入室可)

形態:Zoomによるオンライン開催

講師:杉森 公一 氏(北陸大学高等教育推進センター 教授・センター長)

定員:200名(先着順、要申し込み)

◆お申込◆

https://design2022.page.link/1202

◆連続企画の企画趣旨はこちら

https://sites.google.com/info.icu.ac.jp/rcgle2022

◆講師プロフィール

杉森 公一(すぎもり きみかず) 氏(北陸大学高等教育推進センター 教授・センター長)

1998年富山県立砺波高等学校普通科卒業。2002年筑波大学第一学群自然学類卒業。2004年筑波大学大学院修士課程教育研究科教科教育専攻修了。2007年金沢大学大学院自然科学研究科博士後期課程修了。2007年金城大学研究員。2010年金城大学医療健康学部助手。2011年同助教。2013年金沢大学大学教育開発・支援センター准教授。2016年金沢大学国際基幹教育院高等教育開発・支援部門准教授。2018年9月-2019年2月タフツ大学客員研究員(Visiting Scholar)。2021年8月-11月名古屋大学高等教育研究センター客員教授。2021年金沢大学医学教育研究センター協力研究員。2021年より現職。専門は計算量子化学,理科教育および大学教育開発。修士(教育学),博士(理学)。

◆本講演会の詳細はこちらからもご覧になれます 

https://sites.google.com/info.icu.ac.jp/rcgle2022

    Copyright © 2018 ICU International Christian University - All Rights Reserved
    講演会:教育・学修支援を支える教学デザイン・組織デザイン グローバル言語教育研究センター  Jp sitemap  En sitemap