Symposium 

Symposium

Symposium sponsored by IACS・JFE 21st century Foundation
歴史の智恵をどう活かすか? -21世紀の日本がアジアと共生をめざすための歴史研究—
Learning from the lessons history teaches us Learning from the lessons history teaches us:
Historical Research on how 21st Century Japan can aim for co-existence with Asia.

Date:13:00-18:30, Saturday, December 9, 2017
Place: Administration Building 206, ICU
Access: Approximately 15 minutes by bus from JR Musashi-Sakai Station.
https://www.icu.ac.jp/en/about/access/index.html
No reservation, entrance fee needed

本シンポジウムは、JFE21世紀財団「アジア歴史研究助成」がめざすアジアの歴史、文化と社会に関する研究を手がかりに、21世紀の日本がいかにアジアと共生すべきかを考えるシンポジウムです。
JFE21世紀財団は、大手製鉄会社であるJFEスチール等の拠出により設立された公益財団法人で、10年間にわたってアジア研究者に助成を行ってきました。日本の一企業財団が歴史を直視し、日本とアジアが共存・共栄するための研究を支援することは、国内外で高く評価されています。この研究助成は本学名誉教授であった染谷臣道(文化人類学)が委員長を務め、菊池秀明(歴史学)が審査委員会のメンバーとして運営に参加してきました。染谷委員長は2016年8月に急逝されましたが、ICUアジア文化研究所と連係を図りたいという希望をかねてから持っており、本シンポジウムの開催が実現しました。

Program

13:00-13:15  Opening Speech

13:15-15:15
講演1 青山治世 (AOYAMA Harutoshi) (Asia University)
「日系中国語新聞『順天時報』と近代東アジアにおけるナショナリズムの相剋」
(The Shuntian-Shibao (a Japanese-operated Chinese Newspaper) and Conflicting Nationalistic Discourse in Modern East Asia)
要旨:中国ナショナリズムと日本の対中政策のはざまにあった日系中国語新聞『順天時報』の軌跡をたどることで、戦前期日中関係の変容過程を見つめ直し、ナショナリズムの応酬といった今日的な課題に答える視座をも提示する。

講演2 片山剛 (KATAYAMA Tsuyoshi) (Osaka University)
「1937年南京事件に先行する南京空襲(8~12月)の時空間復元」
(Spatial and temporal reconstruction of the air raids on Nanjing precedent to the Nanjing Incident in December 1937)
要旨:1937年8~12月、日本の海軍航空隊等が南京空襲を行った。この空襲による建物の被害について、未利用の史料(南京不動産登記文書)を用いて復元する。そして、今後に進められるべき研究方法のモデルを提示する。

講演3 川口幸大 (KAWAGUCHI Yukihiro) (Tohoku University)
「中国における家族の近現代史的展開」
(Chinese Family in Transition: Change and Continuity in Modern and Contemporary China)
要旨:強固な父系社会と言われてきた中国の家族であるが、社会主義政策や少子化等の変化を経験して、どのような現状にあるのか。女性も生家の墓参りに行く、族譜に女性の名が記される等、新しい状況に着目し、その変容と持続を考える。

講演4 杉山清彦 (SUGIYAMA Haruhiko) (The University of Tokyo)
「大清帝国の多民族統治と八旗制―広域支配の制度と構造」
(The Qing imperial rule over nations and the Eight Banner system)
要旨:近世近代のユーラシア東方に君臨した大清帝国(清朝)は、東北アジア出身のマンジュ(満洲)人が建てた帝国であった。その拡大・運営の担い手となった、マンジュ人の政治・軍事組織である八旗制に焦点を当てて、支配構造を考察する。

15:15-15:30  Break

15:30-17:00
講演5 真崎克彦 (MASAKI Katsuhiko) (Konan University)
「ブータン王国の国民総幸福(GNH)の歴史的考察」
(A Historical Analysis of Bhutan’ s Gross National Happiness’ (GNH))
要旨:ブータンの国民総幸福(GNH)は、人間社会の持続可能性や幸福増進に資する取り組みとして世界的に知られるようになった。本報告では、その来歴を一国史観から離れてとらえ直すことで、GNHをめぐる現況と課題を明らかにしたい

講演6 真鍋祐子 (MANABE Yuko) (The University of Tokyo)
「富山妙子の画家人生と作品世界―ポストコロニアリズムの視点から」
(The World of Tomiyama Taeko’s Life and Art:From a Post-Colonial Perspective)
要旨:1921年生まれの画家・富山妙子は、33年に父の転勤に伴って満洲へ渡り、18歳までハルピンで過ごした。戦後、九州を拠点に炭鉱を描き、60年代は出稼ぎの炭鉱労働者を追って中南米に渡り、Narrative Artとしての第三世界の芸術と出会う。70年代以降、韓国の民主化運動に共鳴し、金芝河の詩や光州民主化抗争に寄せて制作された一連の作品は、キューバの版画、メキシコの壁画を用いた反ヨーロッパの抵抗運動に影響されてのものだが、一方で80年の光州民主化抗争を機に勃興した韓国民衆美術は、地下で流布した富山の作品と著作を介して、これら中南米諸国の芸術運動から大きな影響を受けたといわれている。このような軌跡は、「満洲」を原点とする富山が、その生涯をかけて「世界史を肉体化する過程」でもあったといえる。
日本の植民地支配と戦争責任をテーマとする富山作品で特筆すべき点はフェミニズムの思想であり、くわえて被害者たちが置かれた民族的、植民地的な抑圧状況への深慮である。しかし朝鮮人強制連行や慰安婦をテーマとするとき、「加害者である日本人が被害者を主体的に描くことはできない」ゆえに、富山は自分の絵にシャーマン(spirit medium)を導入することで被害者たちの封じられた記憶を表象する。70年代以降、富山は日韓連帯による韓国民主化運動に参与する一方で、日本では自主規制の壁に阻まれ、韓国では独裁政権下で非合法とされたその作品は、80年代以降、さまざまなジャンルの文化人、知識人との共同作業をへて、スライドというメディア(medium)に編集され、まずドイツとアメリカで受容された。その結果、よりグローバルな次元での「超国家的民主化運動」の一端を担うことになった。
本発表では、富山作品がシャーマンおよびメディアという二つの次元の「媒体」によって構成されてきた点を具体的に示しながら、そのことの意味をポストコロニアリズムの視点から読み解くことにしたい。

講演7 守川知子 (MORIKAWA Tomoko) ((The University of Tokyo)
「近世西アジア社会における「異教徒」と宗教的社会変容」
(A pagan and Religious Social change in the Modern Western Asia Society)
要旨:17世紀の西アジアは、領域国家の形成に伴い、宗派対立が激化した時代である。本講演では、異教徒・異端・異宗派や、「新ムスリム(Jadid al-Islam)」と呼ばれた改宗者たちを通して、地域社会が宗教的排他性を備えていく過程を論じる

17:00-17:15  Break

17:15-18:30        Discussion
「未来へ向けたアジアとの共生に歴史の智恵をどう活かすべきか?」

Poster (Normal Quality) (High Quality)

poster 171209 -2 for web 20171117.1900

 


 

JSPS-CNRS
Statuts et marges dans les sociétés d’ordres
France et Japon, 16e-19e siècles

Date : vendredi 24, samedi 25 et dimanche 26 novembre 2017
Lieu : International Christian University (ICU), Administration Building, salle 206
Accès : https://www.icu.ac.jp/en/about/access/index.html
Co-organisateurs : International Christian University (ICU) -Institute of Asian Cultural Studies,  Institute for the Study of Christianity and Culture
e-mail: asian@icu.ac.jp  (ICU -Institute of Asian Cultural Studies)

24 novembre : colloque, 1ere journée.
Présidence : Takazawa Norié (ICU), Guillaume Carré (Maison Franco-Japonaise / CNRS/ EHESS)
Traducteur : Takeshita Kazuaki (ICU), Brendan Le Roux (Université Teikyô)Yannick Bardy (Université Lille 3)

9h00 : Présentation des problématiques : Takazawa Norié, Guillaume Carré
9h30 : Première session : La société d’ordres, entre normes et réalité
1ere communication : Elie Haddad (CNRS)
  “Statut nobiliaire, « maisons » et seigneuries (XVIe -XVIIIe siècle)”
2e communication : Makihara Shigeyuki (Université de Tôkyô)
  “Maison et statut social chez les « vassaux ordinaires du shôgun» (bakushin)”
Discutant : Sasaki Makoto (Université Komazawa)
Questions et discussion

13h30 : Seconde session : Partages patrimoniaux et héritages féminins
1ere communication : Fanny Cosandey (EHESS)
  “Statut d’épouse, statut d’héritière : les femmes et le patrimoine royal”
2e communication : Yoshida Yuriko (Université de Tôkyô des études étrangères)
“Les femmes des maisons guerrières et leurs parts patrimoniales”
Discutant : Tsukada Takashi (Université municipale d’Ôsaka)
Questions et discussion

Réception en soirée.
Réservation demandée par internet sur le site web.
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfs-iMwn0-9FtpaXHKfRDMXvn0jxt6gePMisz8k_W-brtaAcA/viewform

 

25 novembre colloque, 2e journée.
Présidence : Takazawa Norie, Guillaume Carré
Traducteur : Takeshita Kazuaki, Brendan Le Roux, Yannick Bardy

9h00 : Troisième session : Savoirs et société d’ordres
1ere communication : Annick Horiuchi (Université Paris 7 Diderot)
“Tiraillé par des intérêts contraires : le statut des interprètes de hollandais (à Nagasaki)”
2e communication : Seriu Naoko (Université de Tôkyô des études étrangères)
“Les lumières et la société militaire de la guerre de sept ans”
Discutant : Ono Shô (Institut d’historiographie de l’Université de Tôkyô)
Questions et discussion

13h00 : Quatrième session : Ecrire dans une société d’ordres
1ere communication : Dinah Ribard (EHESS)
“L’écriture rare : présences de l’écrit et statuts sociaux au village dans la France de l’époque moderne”
2e communication : Gotô Masatoshi (Université Rikkyô)
 “La preuve par l’homme ou par l’écrit ? Infra-judiciaire et sentences dans les disputes sur les communs de montagne
Discutant : Yoshida Nobuyuki (Université de Tôkyô)

Conclusion générale :
Morishita Tôru (Université de Yamaguchi)
François-Joseph Ruggiu (Université Paris 4 Sorbonne)

Discussion

26 Novembre : Session jeunes chercheurs
Présidence : Matsumoto Reiko (Université Hitotsubashi),
Jonathan Porter (Université de Tôkyô des études étrangères)

 13:30-18:00 : Exposés de travaux en histoire du Japon et de France par de jeunes chercheurs (en anglais, sans traduction)
Participants :

Poster


 

アジア文化研究所・平和研究所共催

Institute of Asian Cultural Studies/ Peace Research Institute

シンポジウム『ヴォーリズの夢 平和と大学』
An Architect’s Dream: Vories and A University Designed for Peace

国際基督教大学は、戦時下の航空機産業の拠点である中島飛行機三鷹研究所の敷地に建てられた。それは軍需産業の平和利用の一つの事例である。三鷹に広がる広大な空間に新しい大学の理念を具現化しようとしたのは、建築家W.M.ヴォーリズである。ヴォーリズは新しい大学理念をどのように具現化しようとしたのだろうか。建築史、教育史、社会学など多様な分野の第一線の専門家を招いて討議する。ヴォーリズに対する再評価が社会的に高まっている現在、本シンポジウムは国際基督教大学建学の使命を明らかにし、社会に広く還元することを目的とする。

The International Christian University was built upon the grounds of the Mitaka Research Center of the Nakajima Aircraft Company, one of the leading manufacture of military aircraft during Japan’s war years. This is one of several instances of the peacetime use of former military industrial sites. It was the architect, William Merrel Vories, who undertook the task of giving physical reality to the new university’s ideals in its expansive Mitaka campus. How did he do this? In an attempt to answer this question, we have invited a group of outstanding scholars from diverse specializations including architectural history, educational history, and sociology. As Vories and his work are currently the subject of renewed appreciably and appraisal, this symposium seeks to clarify the founding ideals of International Christian University and make them more widely known in the world today.  

●日時:10月29日(土曜日)13時〜18時
Date: October 29th (Sat) 13:00-18:00

●場所:国際基督教大学 ディッフェンドルファー記念館 オーディトリウム
Location: ICU Diffendorfer Memorial Hall(East Wing) Auditorium.

●講演:

講演者:立川明氏   (国際基督教大学名誉教授 教育史)

Tachikawa Akira(Professor Emeritus, ICU, History of Education)

演題:「科学、世界大戦、人文学の復活:ICU 誕生の背景について」

“Science, the Great War and the Revival of the Humanities: The Background of ICU’s Founding”

リベラルアーツ・カレッジとしてのICUの設立の一つの背景には、20世紀の合衆国での人文学の復活が有ります。復活の前提は、19世紀後半から目立った教養としての科学の台頭です。戦争の一掃を掲げた教養としての科学は、世界大戦の到来で一度は挫折します。その間隙を埋めたのが人文学で、リベラルアーツ・カレッジの復活の基礎ともなりました。

講演者:山形政昭氏  (大阪芸術大学教授 建築史)

Yamagata Masaaki(Professor, Osaka University of Arts, History of Architecture)

演題:「ヴォーリズによるキャンパス・デザインの特色 」

“The Characteristics of Campus Design by W.M. Varies”

キリスト教主義を標榜する建築家 W.M.ヴォーリズの活動履歴のなかで、学校建築は重要で特色のあるものとなっている。そこで1912年に始まる関西学院(神戸)の建築を始めとする代表的な事例を通して、種々の特色を理解しヴォーリズの建築理念を今一度確認したい。 ・内容項目は 1.建築活動の特色とミッション・スクール建築の位置 2.敷地 とキャンパスの構成 3.建築デザインの特色

講演者:山崎鯛介氏  (東京工業大学准教授 建築史)

Yamazaki Taisuke(Assistant Professor, Tokyo Institute of Technology, History of Architecture)

演題:「ICU本館とディッフェンドルファー館のデザインとその価値」

“The design and their historic value on the main building of ICU and the Diffendorfer Memorial Hall”

ICUのキャンパスにはヴォーリズやレーモンドが1950〜60年代に設計した佳作が多く残る。作品に加えて設計図書や関連資料のアーカイブズも充実しており、今後はそうした歴史的な資産を活かしたキャンパスの再整備が望まれる。戦中・戦後建築への歴史的評価・保存調査が本格的に始まった今、ヴォーリズ事務所の関わった本館(1944年竣工/1953年改修)とディッフェンドルファー館(1958年竣工)のデザインとその価値について考える。

講演者:吉見俊哉氏   (東京大学大学院教授 社会学)
Yoshimi Shunya (Professor, University of Tokyo, Sociology)

演題:「東京空爆と「明日の大学」:2つの大学都市構想の比較から」

“Tokyo Air Raid and ‘University for Tomorrow’: Comparison with Two University Town Projects”

本報告では、焼け残った中島飛行機三鷹研究所からICUキ ャンパスに転換していったこの地が、米軍による激しい空爆 を受けた戦中から戦後にかけての東京でどのような位置を持 っていたのかを考えるところから出発し、キリスト教リベラ ルアーツ・カレッジとしてのICUと旧帝大+旧制高校とし ての東大の比較を視野に入れつつ、戦後の新制大学における リベラルアーツの位置づけと、それに対応した大学都市の理 念について考える。さらに、三鷹研究所跡地と東京都心北部 のそれぞれで考えられていた「都市としての大学」の方向性 の共通点と相違点を明確にすることで、これらの地域の未来 を考えるための糸口としたい。

●司会: 田仲康博、高澤紀恵
Chair: Tanaka Yasuhiro(ICU), Takazawa Norie(ICU)

●懇親会 (Reception Party)  18:30~

Poster

シンポジウム後記はこちらをクリックしてください

今後シンポジウムの特集号を刊行する予定です。
詳細が決まりましたら再度お知らせ致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

 


日韓シンポジウム 「近代日韓における朝鮮使節団に対するまなざし」

Perspectives on Korean Missions to Japan: Their Legacy to Modern Japan and Korea
2016年6月25日(土) 13:00-17:30 ICU本部棟206

江戸期通信使時代のいわゆる「友好」が植民地時代の「暴力」に急に変わったかに見えるほど、日韓両国の相互認識の歴史には空白がある。特に19世紀の研究が日韓両国において客観的に行われていなかったので、現在日韓両国の相互認識も誤解や紛争の余地を持っていると思われる。本シンポジウムでは、こうした幾つかの問題点を考慮して、日韓両国の立場と視野の差異、新しい時代を眺める態度の違いなどを提示し、それを通じて相手(他者)をどう認識し、また自己をどのように形成していったかを検討したい。

The so-called “friendship” of the era of diplomatic missions during the Edo period appears to have changed suddenly to the “violence” of the colonial period, but the abrupt change suggests there is a gap in the history of mutual understanding between Japan and Korea. Research about Japan and Korea in the nineteenth century was not done objectively and that seems to have created misunderstandings and conflicts between the two countries today. In this symposium we will take into account these various problems and present different positions and points of view about Japan and Korea as well as different attitudes toward the future. In doing so we will consider how the other side (the “other”) has been understood and how the “self” has been constructed.

Time Table
13:00-13:10  Opening Speech
高澤紀恵 (ICUアジア文化研究所所長)
13:10-13:40   修信使の日本に対するまなざしの温度差:『日東録』、『東行日録』、『東京日記』をとおして
文淳嬉(仁川大学校日本文化研究所)
修信使が見た日本という大きなフレームで語ることは多くの記録が確認されている現時点ではすでに不可能であり、当時の日本に対するまなざしを一定化することはできない。1876年から1885年まで朝鮮から日本に派遣された修信使(朝士視察団)らが日本での経験を記した記録は大凡20種である。それら記録は、書き手の身分、書かれた時期、また公的な報告書や私的な日記など、それぞれ性格が異なる。これらの記録を並べてみると、そこからは微妙な温度差を感じることができる。本発表では、1881年朝士視察団に随行した随行員の記録、『日東録』、『東行日録』、『東京日記』を通してそれぞれのまなざしの温度差をみてみようと思う。
13:40-14:10 通信使と修信使の筆談の相違
 文淳嬉(仁川大学校日本文化研究所)
 (韓国語での発表となります。日本語訳の配布資料有り)
 19世紀以前韓国、日本、中国は共通して漢字を使用したが、言語は其々異なっていたため、外交使節を派遣する際は訳官を同行させた。しかし私的な席まで訳官を同行させることはできず筆談を通して交流した。通信使が派遣された時代は日本の公式的な外交の相手国は朝鮮のみであった。そのため日本の知識人らは積極的に朝鮮通信使の一行と筆談を交わした。しかし修信使が派遣された時代、すでに日本は多くの国家と交流を交わしており朝鮮が占める比重が相対的に軽くなった。そのような時代の変化に伴い筆談の比重や機能も変化した。
 14:10-14:40  通信使から修信使へ
髙橋博巳(金城学院大学名誉教授)
 朝鮮通信使と日本の文人の間で行われた詩文書画の交流は、さながら学芸共和国の観を呈していた。木村蒹葭堂グループと通信使の交流は海を越えて、ソウルの知識人に伝えられ、彼らはやがて北京に赴いて交流の輪はさらに広がっていった。ここでは江戸時代最後の通信使と明治の最初の修信使の、主に文事を取り上げて比較することによって、通信使から修信使へどのように変化していったかを見てゆくことにしたい。
14:40-15:10  Discussion※ (司会:Robert Eskildsen (ICU))
15:10-15:30 Tea Break
15:30-16:00  朝鮮修信使と明治政府
 落合弘樹(明治大学文学部教授)
 日本側の修信使に対する接遇は儀礼的には丁重だったが、幕末の内憂外患を克服し開化に一歩先んじたという優越意識が存在し、在野においても日本による開化への誘導を当然の前提とする論調は強くなる。修信使側も日本型の開化への懐疑と評価が交錯し、開化路線の展開は順調には進捗しなかった。そして、日本と朝鮮の双方とも伝統的観念から抜け切れていない状態のまま、ナショナリズムにもとづく国民感情が相互認識として形成されていく。
16:00-16:30  修信使から見た明治日本
 河宇鳳(全北大学校人文大学史学科教授)
 修信使とは1876年朝日修好條約(日朝修好条規)を締結した後日本に派遣された外交使節のことである。これは伝統的な交隣外交政策から近代的な外交秩序にシフトする過渡期的な性格を有する。修信使の日本に対する認識はそれ以後朝鮮の対外政策と近代化路線を決める上で重要なファクターになったという点において大きな意味がある。
今回の発表では修信使の派遣と活動内容を考察し、彼らが残した著述を通して日本の近代的文化と新しい変化に対してどのように認識していたのかを分析したい。
16:30-16:40 Break
16:40-17:20 Discussion※ (司会:小島康敬 (ICU))
17:20-17:30 Closing Speech (小島康敬 (ICU))

※逐次通訳有り、厳錫仁(オム・ソクイン、筑波大学国際日本研究教授)

Poster

 

 


 

Sponsored by IACS, ICU

国際シンポジウム
日本の大学とキリスト教ー戦前・戦後の教育改革と宣教師団体
(Japanese Universities and Christianity: Education Reform and Christian Missionaries before and after the Second World War)

Saturday, November 28, 2015
13:00-18:00
Administration Building (Honbuto) 206, ICU

In September, 1949 Japanese Christians, partly in response to their experiences before and during the Second World War, introduced a new conception of a university based on Christianity at Tokyo Women’s Christian University. Seven years later, through the complex interactions of North American missionaries, the YMCA and Occupation authorities, ICU was founded based on this conception. The symposium will examine the history of Christianity and universities from the long-term perspective of education during the crucial decades that spanned the prewar, wartime and immediate postwar periods. The symposium will examine the course charted by Christian universities and schools during the difficult years leading up to and including the war, and the influence of Japanese Christians, North American missionaries and Occupation authorities on the formation and transformation of Christian universities after the war.

Program


Access to ICU
 Campus Map

Poster   Program

 

 


 

Sponsored by IACS, ICU

ミニ・シンポジウム
アジアの宗教における「修養」の諸相
(The Varieties of Self-Cultivation in Asian Religion)

Saturday, Jun 6, 2015
14:00-17:30
Administration Building (Honbuto) 204, ICU

「(自己)修養」(self-cultivation)の実践はアジアにおいて、現実世界に生きる人間の実存に向き合う手法として、様々な宗教的創造の中心的役割を担ってきた。社会的存在として生きていくための倫理・道徳の陶冶、寿命を全うするための養生法の模索、そして究極的存在と合一する神秘体験の希求など、「修養」の目的は重層的で多様である。
本セミナーでは、アジアの宗教における「修養」をテーマに、国際的に活躍する3名の研究者の方々から、それぞれの専門分野における最新の調査研究を発表していただく。様々な研究視座から「修養」の諸相に迫ることによって、アジアの宗教のダイナミックな多元性について学ぶ機会が得られることだろう。

Throughout the history of Asian religions, self-cultivation has played a central role as a means of addressing and coping with the conditions of human existence in this world. There are multiple objectives that self-cultivation is typically concerned with. These can include the honing of moral virtues essential to one’s existence as a social being, the enhancement of health and well-being essential to living out one’s allotted lifespan, or the gaining of mystical experience by which one unites with the Divine or the Absolute. In this seminar three internationally active researchers will present data and analysis pertaining to self-cultivation as occurring in their respective fields of specialization. Collectively, their findings should provide an opportunity to understand the dynamics of Asian religions in their multiplicity.

 

Program (各発表は紹介・質疑応答(5分目安)を含む)
14:00-14:10 古藤友子(国際基督教大学アジア文化研究所所長)
Koto Tomoko (Director, IACS)
開会挨拶 (Opening Speech)
14:10-14:55 上座部仏教における修養
(Self-Cultivation in Theravada Buddhism)
馬場紀寿(東京大学東洋文化研究所/准教授)
Baba Norihisa (Associate Professor, Institute for Advanced Studies on Asia, The University of Tokyo)
要旨 (Abstract)
15:00-15:45 道教全真教における修養法—六代宗師尹志平の語録に基づいて
(Self-Cultivation in Quanzhen Daoism: As Described in the Recorded Sayings of Sixth Patriarch Yin Zhiping)
スティーブン・E・エスキルセン(テネシー州立大学チャタヌーガ校/ノースキャラハン特別研究教授)
Stephen E. Eskildsen (North Callahan Distinguished Professor of Religion, University of Tennessee at Chattanooga)
要旨 (Abstract)
15:50-16:10 休憩&ティーブレイク (Tea Break)
16:10-16:55 近代日本における修養と身体文化
(Self-Cultivation and Physical Culture in Modern Japan)
吉永進一(舞鶴工業高等専門学校/教授)
Yoshinaga Shin’ichi (Professor, Maizuru National College of Technology)
要旨 (Abstract)
17:00-17:30 総合ディスカッション (General Discussion)


Poster

 

 


主催:国際基督教大学アジア文化研究所

シンポジウム
アジア文化研究のいま

2014 年11 月29 日-30日(土・日)
国際基督教大学
本部棟206(29日)、東ヶ崎潔記念ダイアログハウス 2 階 国際会議室(30日)

プログラム (各発表は紹介・質疑応答(5分目安)を含む)
11月29日
10:40-10:50 開会挨拶
小島康敬(国際基督教大学アジア文化研究所所長)
KOJIMA, Yasunori
Director, IACS
10:50-11:40 福沢諭吉の英語研究:『増訂 華英通語』をめぐって
(Fukuzawa Yukichi’s study of the English Language : as seen in Zoutei Kaei Tuugo)
講演:飛田良文(ICUアジア文化研究所客員所員)
HIDA, Yoshifumi
Senior Research Associate, IACS
11:40-12:30 中村敬宇と宗教シノプシス
(Nakamura Keiu and Religious Synopsis)
講演:小泉仰(慶応義塾大学名誉教授/日本比較思想史学会理事)
KOIZUMI, Takashi
Professor Emeritus, Keio University / Exective Board Member, Japan Association for Comparative Philosophy
12:30-13:30 Lunch
13:30-14:00 ソシュールの『言語学原論』と時枝誠記の『国語学原論』における主体的言語観について
(On “Subjective Linguistic Perspectives” in Saussure’s“Cours de linguistique generale”and Tokieda’s“Kokugogakugenron”)
研究発表:松中完二(九州産業大学語学教育研究センター)
MATSUNAKA, Kanji
Language Education and Research Center, Kyushu Sangyo University
14:00-14:30 文明開化と仮名の成立
(The Concept and Origins of KANA (Japanese Characters))
研究発表:蓮沼啓介(神戸大学名誉教授/ICUアジア文化研究所研究員)
HASUNUMA, Keisuke
Professor Emeritus, Kobe University / Research Fellow, IACS
14:30-15:00 「道義」から「広義王道」へ:津田左右吉と橘樸の「王道」言説
(From‘Morality-Righteousness’to‘Extensive Kingly way’: The Discourse on‘Kingly way’ in Tsuda Sōkichi and Tachibana Shraki)
研究発表:姜 海守(啓明大学校国際学研究所専任研究員)
KANG, Haesoo
Fulltime Researcher, The Institute of International Studies, Keimyung University
15:00-15:30 ティーブレイク
15:30-16:00 「日本的なもの」とモダニティ:建築家岸田日出刀の思想
(Building Modern Identity: Architect Kishida Hideto and His Thought)
研究発表:岸佑(ICUアジア文化研究所準研究員)
KISHI, Yu
Research Associate, IACS
16:00-16:30 二十世紀初期における商務印書館の教科書出版
(The New Primary School Text Books of the Commercial Press in the Early Twentieth Century)
研究発表:呉倩(北京語言大学大学院副研究員)
WU, Qian
Assocaite Researcher, Beijing Language and Cultural University
16:30-17:00 西洋人宣教師と明治初期の中日言語交流
(Western Missionaries and the Sino-Japanese language exchange in Early Meiji)
研究発表:孫建軍(北京大学外国語学院 准教授/早稲田孔子院院長)
SUN, Jianjun
Associate Professor, School of Foreign Languages, Peking University
Director, Waseda University Confucius Institute
11月30日
10:30-11:20 日本の中国史研究
(The Study of Chinese History in Japan)
講演:斯波義信(東洋文庫常務理事)
SHIBA, Yoshinobu
Exective Director, Toyo Bunko
11:20-12:30 Early Modern Religions and the Construction of Japanese Individuality
講演:Peter Nosco(ブリティッシュ・コロンビア大学教授)
Professor of Asian Studies, The University of British Columbia
12:30-14:00 ランチ
14:00-14:30 中世エジプト社会とナイル川:運河と水利施設の利用からみた首都カイロの発展
(Medieval Egyptian Society and the Nile River: Canals and Water Facilities in the Development of Cairo)
研究発表:吉村武典(早稲田大学イスラーム地域研究機構次席研究員)
YOSHIMURA, Takenori
Junior Researcher, Organization for Islamic Area Studies, Waseda University
14:30-15:00 和歌のなかのアジア―歌ことば「霞」を中心に―
(Asia Viewed Through Waka: With a Focus on the Motif “Kasumi (haze)”)
研究発表:大野ロベルト(日本社会事業大学/ICUアジア文化研究所)
ONO, Robert
Japan College of Social Work / Research Fellow, IACS
15:00-15:30 Influence of the 19th Century Urbanization in Hirata Atsutane’s ‘Tamadasuki': Religious Views and Domestic Practices
研究発表:鈴木孝子(大妻女子大学比較文化学部非常勤講師)
SUZUKI, Takako
Part-time Lecturer, Division of Comparative Culture, Otsuma Women’s University
15:30-16:00 ティーブレイク
16:00-16:30 江戸時代の女性の教養:女訓物・重宝記を中心に
(Studying of the Arts among Girls in the Edo Period)
研究発表:谷村玲子(ICUアジア文化研究所研究員)
TANIMURA, Reiko
Reserach Fellow, IACS
16:30-17:00 マハートマ・ガーンディーの近代文明批判と3.11以降の日本
(Mahatma Gandhi’s Criticism of Modern Civilization and Japan after 3.11)研究発表:
宇野彩子(ICUアジア文化研究所研究員)
UNO, Ayako
Research Fellow, IACS

英語発表は逐次通訳有。

Download Poster  Download Program

 


主催:国際基督教大学古藤研究室気付 飲食文化研究会
共催:国際基督教大学アジア文化研究所・国際基督教大学キリスト教と文化研究所

第二回 飲食文化研究会
2014 年3 月29 日
国際基督教大学
ダイアログハウス 2 階 国際会議室

昨年三月二十三日に、満開の桜のもと、国際基督教大学ダイアログハウスにおいて第一回飲食文化研究会を科学研究費の支援を得て開催しました。そして今回が第二回です。これとは別に、もう少し少人数でゆったりと飲食文化について語り合う例会も開催しました。第一回例会のテーマは「東西の喫茶文化」、第二回例会のテーマは「酒と人びと――古今の居酒屋文化」でした。飲食文化研究会はどなたでも参加できる開かれた会です。皆様のご来場をお待ちしております。

開会挨拶 [ 13:00 ](古藤 友子(国際基督教大学教授))

講演 [ 13:10 – 13:50 ]
「和歌に見る飲食 ー聖俗を飲み下すー」
大野 ロベルト(日本社会事業大学助教)
司会 小島 康敬(国際基督教大学教授)

講演 [ 13:50 – 14:30 ]
「フランス文学と貧食
ーベケットの不条理劇三部作を中心にー」
岩切 正一郎(国際基督教大学教授)
司会 ツベタナ・クリステワ(国際基督教大学教授)

講演 [ 14:30 – 15:10 ]
「近代日本の食養生」
武田 時昌(京都大学人文科学研究所教授)
司会 古藤 友子

お茶の会・休憩 [ 15:10 – 15:40 ]

総合討論 [ 15:40 – 16:30 ](司会 小島 康敬)

閉会 [ 16:30 ]

*当日の資料・お茶代として五百円頂戴いたします。(受付は午後一二時半より)

ポスターのダウンロード

 

 


国際基督教大学アジア文化研究所・日本東アジア実学研究会共催
勉誠出版後援
第12回 東アジア実学国際学術大会
東アジア世界の「知」と学問 ―伝統の継承と未来への展望―
Knowledge and Learning in East Asia: Bringing Traditions into the Future

大会開催日:2013年11月23日(土)・24日(日)
会場:国際基督教大学東ヶ崎潔記念ダイアログハウス2階国際会議室

今回の大会はテーマを「東アジア世界の『知』と学問―伝統の 継承と未来への展望―」とした。
「学問」「学び」という緩やかな括りで、東アジア世界において「知」の営みがどのように展開されてきたのか、
またそれを将来に向けてどのように継承・発展させてゆくかを討議する。東洋における「知」と学びのかたちは、
思惟様式から表現形態に至るまで西洋的な「知」のあり方とは本質的に異なる。西洋近代以降の学問知から
抜け落ちた東洋の「知」と学びの伝統を再検討し、それを将来世代の人達に向けて発信したい。
(国際基督教大学アジア文化研究所所長 小島康敬)

ポスターダウンロード プログラムダウンロード

プログラム (各発表は紹介・質疑応答(5分目安)を含む)

11月23日 (司会 古藤友子、別所興一)
10:00-10:10 挨拶
小島康敬(国際基督教大学アジア文化研究所所長)
10:10-10:40 基調講演
始めに心ありき:実心実学の認識論
小川晴久(日本東アジア実学研究会会長)
10:40-11:10 基調講演
中国古代の「知」の性質と学問
張践(中国実学研究会会長、中国人民大学)
11:10-11:40 基調講演
 儒教文化圏における「知」の進展と退縮
金彦鍾(韓国実学学会会長、韓国高麗大学)
11:40-13:00 昼食
13:00-13:30  中国の「反知性主義」思想の根源と原因を論じる:先秦時期の儒道の知識論思想に基づく
王杰(中国中央党校)
13:30-14:00 「百工の知」と「士大夫の知」を簡単に論じる
 汪哲(中国上海交通大学)
14:00-14:30 18世紀郷村知識人の自我構成:魏伯珪の場合
金文鎔(韓国高麗大学民族文化硏究院)
14:30-15:00 村井琴山の琴学受容と「実学思想」
 中尾友香梨(佐賀大学)
15:00-15:30  休憩
15:30-16:00  『毛詩品物図考』の出版と日中書物交流
 陳捷(総合研究大学院大学)
16:00-16:30  1711年の辛卯通信使行と加賀藩の学術交流:加賀藩文士・伊藤薪野を中心に
河宇鳳(韓国全北大学)
16:30-17:00 中国伝統視野の「徳」と「知」
 朱康有(中国国防大学)
11月24日  (司会 小島康敬、大橋健二)
10:00-10:30  渡辺崋山の学問観と教育思想:主に漢籍から得た学識と小関三英提供の蘭学情報との 関連・異同について
別所興一(元愛知大学)
10:30-11:00  東アジアの伝統的な「知」の教育: 儒教的「教育」体系論と「実践知」
 韓睿嫄(韓国朝鮮大学)
11:00-11:30  フクシマと「無用」の哲学:熊沢蕃山とハイデガーにおける老荘的な脱Ge-stellへの道
 大橋健二(日本東アジア実学研究会)
11:30-13:00  昼食
13:00-13:30  「知の問題」と「哲学の合法性」との関連: 「近代知」の反省にあるべき一視点について
 林美茂(中国人民大学)
13:30-14:00  実学視野から見る儒学知行学説
 苗潤田(中国山東大学)
14:00-14:30  朝鮮王朝時代後期における女性と「知」の問題: 文字の問題を中心に
 朴茂瑛(韓国延世大学)
14:30-15:00  休憩
15:00-15:30  最近韓国での実学研究の現状と展望金
 時鄴(韓国実学博物館館長)
15:30-16:00 中国思想の「徳性の知」を論じる
 単純(中国政法大学)
16:00-16:30  実生活の学問と芸術:与謝野晶子にみる
 古藤友子(国際基督教大学)
16:30-16:40 次回開催国挨拶(金彦鍾)
16:40-16:50 閉会の辞(小川晴久)

 


第一回 飲食文化研究会
Saturday, March 23, 2013
13:30-17:00
International Conference Room, Dialogue House 2F, ICU

 飲食文化研究会は古藤科学研究費の支援を得て発足した開かれた研究会です。
飲食文化に興味をおもちの方はどなたでもご自由に参加できます。
この研究会は、飲食という視点から文化の多様性を知り、さまざまな観点から議論することを目的と
しています。結論を求める話し合いではなく、いろいろな人の意見や蘊蓄を聞き、それぞれが考え、議論を
楽しむ会です。
飲食をとおしてみる文化の諸相に興味をおもちの方のご来場をお待ちしています。

プログラム
1時30分 開会挨拶 古藤友子(国際基督教大学)
1時40分 講演Ⅰ 戸川芳郎(東京大学名誉教授)
「青木正兒の『華国風味』―名物学とは何か」
司会 古藤友子
2時20分 講演Ⅱ 大形徹(大阪府立大学)
「仙人になるための飲食」
3時 休憩 司会 加藤千恵(立教大学)
3時30分 講演Ⅲ 肥爪淳子(国際基督教大学院)
「風邪の飲食養生法―17世紀イギリス」
司会 戦海燕(東京大学・博士)
4時10分 総合討論 司会 小島康敬(国際基督教大学)
5時 閉会

*当日の資料代として500円頂戴いたします。
Click here for downloading the Program

 

 

 

 


Sponsored by IACS, ICU
Saturday, December 8, 2012
ICU Administration Building(Honbuto) 206

What’s Next for Tohoku?
The Future of “Reconstruction” and “Relief”

 

It has been more than a year and a half since 3/11: The Great East Japan Earthquake and Disaster. While anti-nuclear campaigns have intensified in response to the tragic accident at the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant, the national media has toned down calls for “reconstruction” in the affected areas. Considerable progress has been made in clearing away piles of rubble, exposing a myriad of problems that remain to be dealt with carefully. As the Tohoku region slowly returns to normalcy, it becomes increasingly difficult for “outsiders” to imagine the needs of peoples and places so tragically devastated just last year.
This symposium seeks to look at “what’s next” for Tohoku. We will begin by examining the history of attempts at “reconstruction” and “relief.” As members of an academic community devoted to “active liberal arts,” our imaginings of the future are necessarily based on a critical summation of what has taken place since disaster struck. What constitutes the sort of “reconstruction” that people in Tohoku desire? And in order to bring this about, what can students and faculty, as responsible global citizens, do now? Our first task may well be to listen to the voices of the people confronting “reconstruction.” Contributing money and volunteering time and labor remains essential. Moreover, in order to revive industries that have been severely damaged, government and public funding is an urgent necessity. How can we take advantage of university research and creative-thinking and problem-solving skills to help the people of Tohoku go beyond a simple return to the way life was before 3.11? Seeking to bring together the efforts and thinking of people in and outside the academic community, we earnestly invite your active participation in this symposium.
Program:
13:00-13:05 Introduction to the Symposium
M. William Steele, Director, Institute of Asian Cultural Studies
1. Reconstruction and Relief in Historical Perspective
13:05-13:25 M. William Steele (ICU, Director, Institute of Asian Cultural Studies)
The Great Tohoku Famine of 1904-05: Two Sides of International Relief
13:25-13:50 Kawanishi Hidemichi (Hiroshima University)
Where have all the Tohokus gone? Robbed Histories, Erased Memories, Lost Landscapes
13:50-14:15 Kawauchi Atsushi (Historical Archives Network)
Regional Identity Buried under Rubble: Rescuing History from Natural Disasters
14:15-14:25 Q&A
2. Special Lecture
14:25-15:05 Tada Kazuhiko, Director, Tono Magokoro Network
The Reality of “Reconstruction”
15:10-15:40 Tea break  Exhibition of Photographs at Honbunto 204
3. How Universities relate to Reconstruction and Relief:
A Critical Look into the Future
15:40-16:05 Murakami Mutsuko (Coordinator ICU Service Learning Center)
An Outline of University-based Relief Programs: Where does ICU fit in?
16:05-16:20 Paul Johnson (ICU Church)
The Shame of ICU: What ICU Did and What ICU Did Not (In English)
16:20-16:40 Noda Subaru (ICU student)
Relief and Liberal Arts: Student Responsibility and the Problem of Continuance
16:40-16:45 short break
16:45-17:10 Nishida Masayuki (Institute of Asian Cultural Studies)
After Reconstruction: The Case of the 2004 Sumatra Earthquake
17:10-17:35 Ishikawa Yoshiya (Institute for Advanced Studies of Clinical Psychology)
Clinical Psychology and Assistance Activities: Reconstructing Hearts in Tohoku Today
17:35-18:00 Kato Etsuko (ICU)
Aiming at “Uselessness”: Observations from Student Group Fieldwork at
Shinchi-machi, Soma-gun, Fukushima
18:05-18:45 4. General Discussion: What should ICU do? What should we do?

Everyone is welcome!

Poster   Program

Past Symposiums (Since 1998)