刊行物

ICU日本語教育研究13号 2016年度

最新版の目次抜粋

実践・調査報告

模擬面接を取り入れた「待遇表現」授業の実践報告―自律授業と目的意識向上を目標として―  宇賀持綾子

大学院共通科目「研究者のための論文作成」―コース報告および今後の課題―  金山泰子・田中和美

2016年度「大学生のための文章表現」報告―「だれに、何を、どのように」の観点から―  鈴木庸子

「Japanese: Step by Step 日本語ステップ」プログラムの開設  田中和美、桜木ともみ、根本愛子、助川愛

Report on the ELA/JLP Joint Class: ARW Stream 3 and Intensive Japanese C during the Winter term of 2016 /Mari Kuromatsu, Yoko Suzuki


ICU日本語教育研究12号 2015年度

The Impact of Syllabic Numbers on Chinese Loanwords in Japanese and Korean/ Yutaka SATO

文学作品を取り上げている中上級日本語教科書についての現状調査 金山泰子・二宮理佳

上級レベル 「日本語演習A」 実践報告 永冨あゆみ

2015年春学期 「大学生のための文章作成」 授業報告 -目標提示とルーブリック評価を使用した文章作成指導- 武田知子

初級後半日本語の授業におけるオンライン・ツールの使用 -ICU夏期日本語教育での実践から-小澤伊久美


ICU日本語教育研究11号 2014年度

Review of Issues and Potential Solutions of Japan-U.S. Telecollaboration: From the Program Coordinator's Viewpoint/ Yuka AKIYAMA 国際バカロレアの言語教育に関する一考察 ―国語教育とリベラルアーツ教育との関連から― 半田 淳子 ドラマ的活動を取り入れた多読の実践報告 ―Reading Community の構築を目標として― 松井 咲子 日本語教育プログラムの大学国際化への貢献を評価する際の課題 小澤伊久美・丸山千歌・池田伸子


ICU日本語教育研究10号 2013年度

ある日本語授業についての経験日本語教師Aの語りとその背景にある意識

  --マルチメソッドによる分析-- 小澤 伊久美・嶽方 志江・坪根 由香里

日本語教育における「群読」の可能性 半田 淳子

上級コース「日本語7」におけるディベートと作文教育 数野 恵理

JLP改革 --新カリキュラム2013年秋から実施-- 田中 和美


ICU日本語教育研究9号 2012年度

日本人の名字の難易度と指導上の留意点 半田 淳子

Lexical Inferencing in L2 Japanese Reading: L2 Proficiency and L1 Reading as Predictors of Semantic Gap Filling (SGF) at Word Level/ Mamoru HATAKEYAMA

「ええ」の機能に関する考察 ―文学作品の用例分析を通して― 金山泰子・二宮理佳

初級・中級日本語コースにおける多読授業の実践報告 松井咲子・三上京子・金山泰子

上級学習者を対象とした多読授業 ―夏期日本語教育C7 クラスにおける実践― 川名 恭子

アカデミックな力を養成するためのディベート活動の試み 数野 恵理

記事や他の号は ICU リポジトリCiNii(NII学術情報ナビゲータ) から検索、ダウンロードできます。

    Copyright © 2018 ICU International Christian University - All Rights Reserved
    刊行物 日本語教育研究センター  Jp sitemap  En sitemap