シンポジウム "ここ"の歴史へ ー幻のジェットエンジン、語るー

2018-03-20

カテゴリ:

シンポジウム
"ここ"の歴史へ ―幻のジェットエンジン、語るー

時間:2018年 6月2日(土) 13:00-18:00(開場12:30)
場所:ICUディッフェンドルファー記念館東館オーディトリアム

2017年、第二次大戦中に開発されたジェットエンジン「ネ230」の部品が、ICUキャンパス内で発見されました。"ここ"ICUのキャンパスは、戦時下に戦闘機などの設計・試作を行った中島飛行機三鷹研究所の跡地だからです。本シンポジウムは、ジェットエンジン部品の調査結果を共有し、地域に生きた人びとやICUキャンパスのさまざまな記憶が折り重なる"ここ"の歴史へ迫ろうとする試みです。ジェットエンジンの展示も行います。なお、シンポジウム後には懇親会(事前申込・会費3000円)を予定しています。参加ご希望の方は、ここからお申し込みください。

プログラム
13:00-13:10 趣旨説明
 ■高澤紀恵(ICU)
 ■北河大次郎(東京文化財研究所)

13:10-14:30 第一部:幻のジェットエンジンをめぐって
 ■高柳昌久(国際基督教大学高校)
 ■長島宏行(日本航空協会)
 ■苅田重賀(日本航空協会)

14:40-15:10
 ■学生による映像作品上映
  「あのときの記憶、わたしたちのキャンパス」

15:20-16:50 第二部:ジェットエンジンから"ここ"の歴史へ
 ■奥泉光(小説家、近畿大学)
 ■加藤陽子(東京大学)
 ■大門正克(横浜国立大学)

17:00-18:00 総括質疑

Poster

    Copyright © 2018 ICU International Christian University - All Rights Reserved
    シンポジウム "ここ"の歴史へ ー幻のジェットエンジン、語るー アジア文化研究所  Jp sitemap  En sitemap