講演会:教室で読むということ~なぜピア・リーディングなのか~ (3月9日(木)15:00~17:00)

Date : 2017-2-6

国際基督教大学 日本語教育研究センター主催連続講演会

【教室で読むということ~なぜピア・リーディングなのか~】

 

《日程》
2017年3月9日(木)15:00~17:00 (受付14:45~)
場所:国際基督教大学 ダイアログハウス2F国際会議室
東京都三鷹市大沢3-10-2

《概要》
日本語教育では、初級から上級まで、いわゆる「読解」という授業が展開されています。個人的な認知活動である「読む」という行為を教室で行うとい うことは、どういうことなのでしょうか。授業者が何をめざすかによって、多様な読む活動が考えられます。本講演では、クラスメイトとともにテキストを読む ということを媒介として、テキストのテーマについて深く考え、自分自身および他者(クラスメイト)について知るということをめざした授業についてご紹介 し、「教室で読む」ということについて考えたいと思います。

《講師プロフィール》
舘岡洋子(早稲田大学大学院日本語教育研究科)

早稲田大学大学院日本語教育研究科教授。

早稲田大学大学院教育学研究科博士後期課程修了。博士(学術)。

アメリカ・カナダ大学連合日本研究センター、東海大学留学生教育センターを経て、2007年より現職。関心分野は、日本語教育学、学習環境デザイン、実践研究。

著書に『ひとりで読むことからピア・リーディングへ―日本語学習者の読解過程と対話的協働学習』(2005年、東海大学出版会)、『ピア・ラーニ ング入門―創造的な学びのデザインのために』(2007年、共著、ひつじ書房)、『プロセスで学ぶレポート・ライティング―アイデアから完成まで』 (2011年、共著、朝倉書店)、『読解教材を作る』(2012年、共著、スリーエーネットワーク)、『協働で学ぶクリティカル・リーディング』 (2015年、ひつじ書房)、『日本語教育のための質的研究入門―学習・教師・教室をいかに描くか』(2015年、編著、ココ出版)などがある。

 

お申し込みはこちら → http://kokucheese.com/event/index/450815/