ICUトップページへ
  • Home >
  • 夏期留学プログラム

夏期留学プログラム

興味のある本学の学生は、ICUポータル上の次のページも参照してください。

イギリス文化研究(4週間)

このコースは英国ケンブリッジ大学で行われるInternational Summer Programmes、またはリーズ大学で行われるLeeds International Summer School (LISS)で開講されるコースを受講しその評価結果をICUの開講科目「イギリス文化研究」(5単位)の単位、成績として取り扱うものです。4週間の夏期講座で、英国に関する分野はもちろん、人文・社会科学・理学の様々な分野から学ぶことができます。

どちらも、多国籍の参加者とともに、4週間、寮で生活をしながら学びます。ケンブリッジ大学では、朝夕1時間ずつ、教授陣やゲストスピーカーによるレクチャーを聴講できるのが特徴で、自分の専攻に限らず、幅広い知識が得られる機会があります。一方リーズ大学のプログラムは、授業の一環としてフィールドトリップや体験型のアクティビティが組み込まれています。

UCサマーセッションズ(6週間)

2003年度に開設された夏期のみの6週間のプログラムで、カリフォルニア大学(University of California)で開かれるSummer Sessions[バークレー校のSession Dもしくはロサンゼルス(LA)校のSession A]に参加し、履修したコースの単位を審査の上ICUの単位として認めるものです。理系も含め、幅広い分野のコースが提供されているのが特色です。また、世界各国の学生だけでなく、現地の学生が参加しているのも魅力の1つです。

(2016年度は日程上、ロサンゼルス校の募集は行いません。)

韓国サマープログラム(6週間)

このコースは、ICUの交換留学の協定校である韓国の高麗大学校 (Korea University)または延世大学校 (Yonsei University)で行われる夏期プログラムに参加し、履修した2〜3コースの単位を審査の上、ICUの単位として認めるものです。コースは韓国語コースを除き、全て英語で開講されており、多岐にわたるコースが開講されています。韓国研究のコースなど、地域性を活かしたコースも用意されています。韓国語のコースは、初級から上級まで10から11のレベルに分かれており、プレイスメントテストにより、各自に会ったコースで集中的に語学力を研鑽できるのも魅力の一つです。

上記のコースのほかに高麗大学校では、ビジネス、国際関係、人文、社会、科学といった100以上の幅広いコースが世界の著名大学からきた教授から英語で開講されており、北米、ヨーロッパ、アジアなど世界中26カ国の国々から毎年1400人もの学生が集まります。 延世大学校でも、ビジネス、国際関係、人文、社会、科学、環境といった幅広いコースが延世大学校の国際的にネットワークを持つ大学の教授によって英語で開講されます。

いずれの大学も毎年学生が世界中から集まるため、大変国際的な環境で学ぶことができます。

ドイツサマープログラム(4週間)

ベルリン自由大学で行われるFreie Universität Berlin, International Summer and Winter University (FUBiS)のTerm IIIに参加し、履修した1〜2コースの単位を審査の上、ICUの単位として認めるものです。サブジェクトコースは(一部のドイツ語開講のコースを除き)英語にて行われます。ドイツの建築や欧州の歴史など地域性を活かしたコースも開講されています。ドイツ語コースは初級から上級までのクラスが開講されており、プレイスメントテストにより、各自の習熟度にあったコースで集中的に語学力を研鑽できるのも魅力の一つです。

香港サマープログラム(3週間/5週間)

香港中文大学で行われるInternational Summer School (ISS)  -  July SessionまたはInternational Summer School (ISS)  -  August Session - Chinese Language Programmeに参加し、それぞれのプログラムで履修した2コースの単位を審査の上、ICUの単位として認めるものです。July Sessionでの専門科目(アカデミックコース)は全て英語にて行われます(Chinese Medicineのコースを除く)。専門科目ほかにCantonese(広東語)またはPutonghua(標準中国語)も履修できます。August Sessionでは、Putonghuaのみを集中的に履修することができます。中国語のコースはいずれもプレイスメントテストにより、各自の習熟度にあったコースで集中的に語学力を研鑽することができます。

CIEE夏期留学【新規】

CIEE*の運営するSummer Study Abroad ProgramのSession IIIに参加し、履修した1〜3コースの単位を審査のうえICUの単位として認めるものです。現地のCIEEスタディセンターや提携大学でコースを受講します。多くのコースは英語にて行われますが、一部のプログラムには、現地語にて行うコースも含まれます。プログラムによっては、現地語を学ぶこともできます。国際関係、ビジネス、文化、メディア・コミュニケーションなどを始め、開催国ならではの地域性を活かした特色あるコースが多く開講されているのもこのプログラムの魅力の一つです。

*CIEE(Council on International Educational Exchange)はアメリカに本部をもつ非営利教育団体(NGO、NPO)です。ICUからもこれまで多くの学生が留学プログラムに参加してきました。

CIEE奨学金への応募の機会もあります。 ■CIEE JAPAN 50周年記念スカラーシップ : http://www.cieej.or.jp/exchange/scholarship/

海外フランス語研修(4週間)

フランス南西部に位置する、トゥールーズ第2大学ジャン・ジョレス校 (Université Toulouse – Jean-Jaurès)で開講される外国人のための4週間のフランス語研修プログラムで、授業の出席、トゥールーズ大学教員による評価、フランス語検定試験TCF (Test de connaissance du français) の結果、ICU担当教員への学習フィードバックレポートを総合的に判断して成績が評価され、ICUの開講科目「海外フランス語研修」(4単位)が与えられます。

フランス語のクラスは、到着時にプレイスメントテストが行われ、各自のレベル(3〜4レベル)にあったクラスでさまざまな国から参加している学生とともに学びます。また研修には、課外活動や遠足も組み込まれています。研修終了時には、参加者全員がTCFを受け、結果が評価の一部となります。研修期間中は、トゥールーズの一般家庭にホームステイし、フランス文化や生活に触れる機会もあります。

海外日本語教育実習(3週間)

春学期に毎週1時限の授業において海外で行う教育実習の準備をし、夏休み中の3週間メルボルン市周辺の学校において日本語学習者に対して教育実習を行います。