シンポジウム


主催:国際基督教大学アジア文化研究所

国際シンポジウム
日本の大学とキリスト教ー戦前・戦後の教育改革と宣教師団体
(Japanese Universities and Christianity: Education Reform and Christian Missionaries before and after the Second World War)

2015年11月28日(土)
13:00-18:00
国際基督教大学 本部棟206

1949年9月、東京女子大学に於いて日本のキリスト教徒は、第二次世界大戦の体験を自らの教訓として、キリスト教精神に基づく新たな大学教育構想を提示した。7年後、北米の宣教師団体、YMCA、占領軍諸機関などの間の複雑な相剋を経て、この新しい大学構想に基いて国際基督教大学が創設された。
 本シンポジウムでは、戦前・戦中・終戦直後におよぶ極めて重要な数十年間という長期的視点からキリスト教と大学教育の歴史的変遷を検証する。それによって、戦争へと導かれ、やがて巻き込まれていった困難な時期に、キリスト教大学等の教育機関がどのような道程をたどったか、戦後のキリスト教大学の創設や機構改革に、日本のキリスト教徒・北米の宣教師団体・占領軍がそれぞれどのような影響を及ぼしたのかについて検討するものである。


プログラム

13:00-13:05 古藤友子(国際基督教大学アジア文化研究所所長)
開会の挨拶
13:05-13:10 Robert Eskildsen(国際基督教大学)
趣旨説明
基調講演
13:10-14:00 井上章一国際日本文化研究センター副所長)
風俗史から見た現代日本のキリスト教
14:00-14:15 休憩
研究発表
14:15-14:45 M. William Steele(国際基督教大学)
The Cold War and the Founding of ICU
(英日同時通訳有り)
14:45-15:15 Kate W. Nakai(上智大学名誉教授)
Charting a Course for a Catholic University in Prewar Japan:
Sophia University, 1913-1945
(英日同時通訳有り)
15:15-15:45 Patricia Sippel(東洋英和女子学院大学)
New Buds, Old Roots: Postwar Higher Education at a Christian Girls’ School
(英日同時通訳有り)
15:45-16:05 ディスカッション
16:05-16:35 休憩
16:35-17:05 郷戸夏子(国際基督教大学大学院)
エスター・B.ローズと日本
17:05-17:35 太田哲男(桜美林大学)
崇貞学園・桜美林学園と清水安三
17:35-17:55 ディスカッション
17:55-18:00 古藤友子(国際基督教大学アジア文化研究所所長)
閉会の挨拶


ICUへの交通アクセス キャンパスマップ

Poster  Program



 


主催:国際基督教大学アジア文化研究所

ミニ・シンポジウム

アジアの宗教における「修養」の諸相
(The Varieties of Self-Cultivation in Asian Religion)

2015年6月6日(土)
国際基督教大学 本部棟204

 

  「(自己)修養」(self-cultivation)の実践はアジアにおいて、現実世界に生きる人間の実存に向き合う手法として、様々な宗教的創造の中心的役割を担ってきた。社会的存在として生きていくための倫理・道徳の陶冶、寿命を全うするための養生法の模索、そして究極的存在と合一する神秘体験の希求など、「修養」の目的は重層的で多様である。
 本セミナーでは、アジアの宗教における「修養」をテーマに、国際的に活躍する3名の研究者の方々から、それぞれの専門分野における最新の調査研究を発表していただく。様々な研究視座から「修養」の諸相に迫ることによって、アジアの宗教のダイナミックな多元性について学ぶ機会が得られることだろう。
 

Program (各発表は紹介・質疑応答(5分目安)を含む)  
     
14:00-14:10 古藤友子(国際基督教大学アジア文化研究所所長)
  開会挨拶
   
14:10-14:55 馬場紀寿(東京大学東洋文化研究所/准教授)
  上座部仏教における修養
  要旨 (Abstract)
   
15:00-15:45 スティーブン・E・エスキルセン(テネシー州立大学チャタヌーガ校 / ノースキャラハン特別研究教授)
  道教全真教における修養法——六代宗師尹志平の語録に基づいて
  要旨 (Abstract)
   
15:50-16:10 休憩&ティーブレイク
   
16:10-16:55 吉永進一 (舞鶴工業高等専門学校/教授)
  近代日本における修養と身体文化
  要旨 (Abstract)
   
17:00-17:30 総合ディスカッション

ICUへの交通アクセス キャンパスマップ

Poster

 


主催:国際基督教大学アジア文化研究所

シンポジウム
アジア文化研究のいま
 

2014 年11 月29 日-30日(土・日)
国際基督教大学
本部棟206(29日)、東ヶ崎潔記念ダイアログハウス 2 階 国際会議室(30日)

 

プログラム (各発表は紹介・質疑応答を含む)  
     
11月29日    
10:40-10:50 開会挨拶  
  小島康敬(国際基督教大学アジア文化研究所所長)
KOJIMA, Yasunori
Director, IACS
 
     
10:50-11:40 講演:飛田良文(ICUアジア文化研究所客員所員)
HIDA, Yoshifumi
Senior Research Associate, IACS
 
  福沢諭吉の英語研究:『増訂 華英通語』をめぐって
(Fukuzawa Yukichi's study of the English Language : as seen in Zoutei Kaei Tuugo)
 
     
11:40-12:30 講演:小泉仰(慶応義塾大学名誉教授/日本比較思想史学会理事)
KOIZUMI, Takashi
Professor Emeritus, Keio University / Exective Board Member, Japan Association for Comparative Philosophy
 
  中村敬宇と宗教シノプシス
(Nakamura Keiu and Religious Synopsis)
 
     
12:30-13:30 Lunch  
     
13:30-14:00 研究発表:松中完二(九州産業大学語学教育研究センター)
MATSUNAKA, Kanji
Language Education and Research Center, Kyushu Sangyo University
 
  ソシュールの『言語学原論』と時枝誠記の『国語学原論』における主体的言語観について
(On “Subjective Linguistic Perspectives” in Saussure's“Cours de linguistique generale”and Tokieda's“Kokugogakugenron”)
 
     
14:00-14:30 研究発表:蓮沼啓介(神戸大学名誉教授/ICUアジア文化研究所研究員)
HASUNUMA, Keisuke
Professor Emeritus, Kobe University / Research Fellow, IACS
 
  文明開化と仮名の成立
(The Concept and Origins of KANA (Japanese Characters))
 
     
14:30-15:00 研究発表:姜海守(啓明大学校国際学研究所専任研究員)
KANG, Haesoo
Fulltime Researcher, The Institute of International Studies, Keimyung University
 
  「道義」から「広義王道」へ:津田左右吉と橘樸の「王道」言説
(From‘Morality-Righteousness’to‘Extensive Kingly way’: The Discourse on‘Kingly way' in Tsuda Sōkichi and Tachibana Shraki)
 
     
15:00-15:30 ティーブレイク  
     
15:30-16:00 研究発表:岸佑(ICUアジア文化研究所準研究員)
KISHI, Yu
Research Associate, IACS
 
  「日本的なもの」とモダニティ:建築家岸田日出刀の思想
(Building Modern Identity: Architect Kishida Hideto and His Thought)
 
     
16:00-16:30 研究発表:呉倩(北京語言大学大学院副研究員)
WU, Qian
Assocaite Researcher, Beijing Language and Cultural University
 
  二十世紀初期における商務印書館の教科書出版
(The New Primary School Text Books of the Commercial Press in the Early Twentieth Century)
 
     
16:30-17:00 研究発表:孫建軍(北京大学外国語学院准教授/早稲田孔子学院院長)
SUN, Jianjun
Associate Professor, School of Foreign Languages, Peking University
Director, Waseda University Confucius Institute
 
  西洋人宣教師と明治初期の中日言語交流
(Western Missionaries and the Sino-Japanese language exchange in Early Meiji)
 
     
11月30日    
10:30-11:20 講演:斯波義信(東洋文庫常務理事)
SHIBA, Yoshinobu
Exective Director, Toyo Bunko
 
  日本の中国史研究
(The Study of Chinese History in Japan)
 
     
11:20-12:30 講演:Peter Nosco(ブリティッシュ・コロンビア大学教授)
Professor of Asian Studies, The University of British Columbia
 
  Early Modern Religions and the Construction of Japanese Individuality  
     
12:30-14:00 ランチ  
     
14:00-14:30 研究発表:吉村武典(早稲田大学イスラーム地域研究機構次席研究員)
YOSHIMURA, Takenori
Junior Researcher, Organization for Islamic Area Studies, Waseda University
 
  中世エジプト社会とナイル川:運河と水利施設の利用からみた首都カイロの発展
(Medieval Egyptian Society and the Nile River: Canals and Water Facilities in the Development of Cairo)
 
     
14:30-15:00 研究発表:大野ロベルト(日本社会事業大学助教/ICUアジア文化研究所)
ONO, Robert
Japan College of Social Work / Research Fellow, IACS
 
  和歌のなかのアジア― 歌ことば「霞」を中心に―
(Asia Viewed Through Waka: With a Focus on the Motif "Kasumi (haze)")
 
     
15:00-15:30 研究発表:鈴木孝子(大妻女子大学比較文化学部非常勤講師)
SUZUKI, Takako
Part-time Lecturer, Division of Comparative Culture, Otsuma Women's University
 
  Influence of the 19th Century Urbanization in Hirata Atsutane's 'Tamadasuki': Religious Views and Domestic Practices  
     
15:30-16:00 ティーブレイク  
     
16:00-16:30 研究発表:谷村玲子(ICUアジア文化研究所研究員)
TANIMURA, Reiko
Reserach Fellow, IACS
 
  江戸時代の女性の教養:女訓物・重宝記を中心に
(Studying of the Arts among Girls in the Edo Period)
 
     
16:30-17:00 研究発表:宇野彩子(ICUアジア文化研究所研究員)
UNO, Ayako
Research Fellow, IACS
 
  マハートマ・ガーンディーの近代文明批判と3.11以降の日本
(Mahatma Gandhi's Criticism of Modern Civilization and Japan after 3.11)
 
     


英語発表は逐次通訳有。



ポスターダウンロード  プログラムダウンロード

ICUへの交通アクセス キャンパスマップ


 


主催:国際基督教大学古藤研究室気付 飲食文化研究会
共催:国際基督教大学アジア文化研究所・国際基督教大学キリスト教と文化研究所


第二回 飲食文化研究会
2014 年3 月29 日
国際基督教大学
ダイアログハウス 2 階 国際会議室

 昨年三月二十三日に、満開の桜のもと、国際基督教大学ダイアログハウスにおいて第一回飲食文化研究会を科学研究費の支援を得て開催しました。そして今回が第二回です。これとは別に、もう少し少人数でゆったりと飲食文化について語り合う例会も開催しました。第一回例会のテーマは「東西の喫茶文化」、第二回例会のテーマは「酒と人びと――古今の居酒屋文化」でした。飲食文化研究会はどなたでも参加できる開かれた会です。皆様のご来場をお待ちしております。

開会挨拶 [ 13:00 ](古藤 友子(国際基督教大学教授))

講演 [ 13:10 - 13:50 ]
「和歌に見る飲食 ー聖俗を飲み下すー」
大野 ロベルト(日本社会事業大学助教)
司会 小島 康敬(国際基督教大学教授)

講演 [ 13:50 - 14:30 ]
「フランス文学と貧食
ーベケットの不条理劇三部作を中心にー」
岩切 正一郎(国際基督教大学教授)
司会 ツベタナ・クリステワ(国際基督教大学教授)

講演 [ 14:30 - 15:10 ]
「近代日本の食養生」
武田 時昌(京都大学人文科学研究所教授)
司会 古藤 友子

お茶の会・休憩 [ 15:10 - 15:40 ]

総合討論 [ 15:40 - 16:30 ](司会 小島 康敬)

閉会 [ 16:30 ]


*当日の資料・お茶代として五百円頂戴いたします。(受付は午後一二時半より)

ポスターのダウンロード


 


国際基督教大学アジア文化研究所・日本東アジア実学研究会共催
勉誠出版後援
第12回 東アジア実学国際学術大会
東アジア世界の「知」と学問 ―伝統の継承と未来への展望―
Knowledge and Learning in East Asia: Bringing Traditions into the Future


大会開催日:2013年11月23日(土)・24日(日)
会場:国際基督教大学東ヶ崎潔記念ダイアログハウス2階国際会議室


  今回の大会はテーマを「東アジア世界の『知』と学問―伝統の 継承と未来への展望―」とした。
「学問」「学び」という緩やかな括りで、東アジア世界において「知」の営みがどのように展開されてきたのか、
またそれを将来に向けてどのように継承・発展させてゆくかを討議する。東洋における「知」と学びのかたちは、
思惟様式から表現形態に至るまで西洋的な「知」のあり方とは本質的に異なる。西洋近代以降の学問知から
抜け落ちた東洋の「知」と学びの伝統を再検討し、それを将来世代の人達に向けて発信したい。
(国際基督教大学アジア文化研究所所長 小島康敬)

ポスターダウンロード プログラムダウンロード

 
プログラム (各発表は紹介・質疑応答(5分目安)を含む)  
     
11月23日 (司会 古藤友子、別所興一)  
10:00-10:10 挨拶  
  小島康敬(国際基督教大学アジア文化研究所所長)  
10:10-10:40 基調講演  
  小川晴久(日本東アジア実学研究会会長) 始めに心ありき:実心実学の認識論  
10:40-11:10 基調講演  
  張践(中国実学研究会会長、中国人民大学) 中国古代の「知」の性質と学問  
11:10-11:40 基調講演  
  金彦鍾(韓国実学学会会長、韓国高麗大学) 儒教文化圏における「知」の進展と退縮  
11:40-13:00 昼食  
13:00-13:30 王杰(中国中央党校)  
  中国の「反知性主義」思想の根源と原因を論じる:先秦時期の儒道の知識論思想に基づく  
13:30-14:00 汪哲(中国上海交通大学)  
  「百工の知」と「士大夫の知」を簡単に論じる   
14:00-14:30 金文鎔(韓国高麗大学民族文化硏究院)  
  18世紀郷村知識人の自我構成:魏伯珪の場合  
14:30-15:00 中尾友香梨(佐賀大学)  
  村井琴山の琴学受容と「実学思想」  
15:00-15:30 休憩  
15:30-16:00 陳捷(総合研究大学院大学)  
  『毛詩品物図考』の出版と日中書物交流  
16:00-16:30 河宇鳳(韓国全北大学)  
  1711年の辛卯通信使行と加賀藩の学術交流:
加賀藩文士・伊藤薪野を中心に
 
16:30-17:00 朱康有(中国国防大学)  
  中国伝統視野の「徳」と「知」  
     
11月24日 (司会 小島康敬、大橋健二)  
10:00-10:30 別所興一(元愛知大学)  
  渡辺崋山の学問観と教育思想:
主に漢籍から得た学識と小関三英提供の蘭学情報との 関連・異同について
 
10:30-11:00 韓睿嫄(韓国朝鮮大学)  
  東アジアの伝統的な「知」の教育: 儒教的「教育」体系論と「実践知」  
11:00-11:30 大橋健二(日本東アジア実学研究会)  
  フクシマと「無用」の哲学:
熊沢蕃山とハイデガーにおける老荘的な脱Ge-stellへの道
 
11:30-13:00 昼食  
13:00-13:30 林美茂(中国人民大学)  
  「知の問題」と「哲学の合法性」との関連: 「近代知」の反省にあるべき一視点について  
13:30-14:00 苗潤田(中国山東大学)  
  実学視野から見る儒学知行学説  
14:00-14:30 朴茂瑛(韓国延世大学)  
  朝鮮王朝時代後期における女性と「知」の問題: 文字の問題を中心に  
14:30-15:00 休憩  
15:00-15:30 金時鄴(韓国実学博物館館長)  
  最近韓国での実学研究の現状と展望  
15:30-16:00 単純(中国政法大学)  
  中国思想の「徳性の知」を論じる  
16:00-16:30 古藤友子(国際基督教大学)  
  実生活の学問と芸術:与謝野晶子にみる  
16:30-16:40 次回開催国挨拶(金彦鍾)  
16:40-16:50 閉会の辞(小川晴久)  


 


 

主催:国際基督教大学古藤研究室気付 飲食文化研究会
共催:国際基督教大学アジア文化研究所


第一回 飲食文化研究会

2013年3月23日(土)
13:30-17:00
国際基督教大学 ダイアログハウス 2階 国際会議室

 飲食文化研究会は古藤科学研究費の支援を得て発足した開かれた研究会です。
飲食文化に興味をおもちの方はどなたでもご自由に参加できます。
 この研究会は、飲食という視点から文化の多様性を知り、さまざまな観点から議論することを目的と
しています。結論を求める話し合いではなく、いろいろな人の意見や蘊蓄を聞き、それぞれが考え、議論を
楽しむ会です。
 飲食をとおしてみる文化の諸相に興味をおもちの方のご来場をお待ちしています。 


 
  プログラム    
  1時30分 開会挨拶 古藤友子(国際基督教大学)
       
  1時40分 講演T 戸川芳郎(東京大学名誉教授)
      「青木正兒の『華国風味』―名物学とは何か」
      司会 古藤友子
       
  2時20分 講演U 大形徹(大阪府立大学)
      「仙人になるための飲食」
       
  3時 休憩 司会 加藤千恵(立教大学)
       
  3時30分 講演V 肥爪淳子(国際基督教大学院)
      「風邪の飲食養生法―17世紀イギリス」
      司会 戦海燕(東京大学・博士)
  4時10分 総合討論 司会 小島康敬(国際基督教大学)
       
  5時 閉会  

*当日の資料代として500円頂戴いたします。
Programのダウンロード


 


アジア文化研究所主催シンポジウム

2012年12月8日(土)
国際基督教大学本部棟206


東北のこれから
—「復興」と「支援」を超えた未来のために—

 
  2011年3月11日の東日本大震災から一年半以上が経ちました。福島第一原子力発電所の悲惨な事故を受けて反原発運動は高まりましたが、中央のメディアから「復興」のスローガンは減少しつつあります。被災地では瓦礫撤去こそ進んだものの、取り組まねばならない問題は山積しています。回復されたかに見える日常を過ごす中で、「外側」にいる私たちは被災地の今を想像する力を失ってはいないでしょうか。
  本シンポジウムでは東北のこれからを語るにあたり、歴史上の「復興」と「支援」をめぐる努力を検証します。さらに「行動するリベラルアーツ」を掲げる本学の立場から、震災後の活動を批判的に総括しつつ、未来を見据えます。東北の人々が望む「復興」とはどんなものであり、その実現のために学生、教員、そして地球市民として今からできることは何でしょうか。まずは「復興」の現場の声に耳を傾けることが大切です。今後も義援金とボランティア活動は重要であり、傷ついた産業をもり立てるために政府と民間による一層の経済支援も欠かせません。それでは、東北の人々が3月11日以前への単なる復旧にとどまらない新しい生活を手にするために、大学の研究活動、創造的思考、問題解決の技術はどのように活かせるでしょうか。市民社会と大学との連携という課題とあわせて、ご来場の方々とともに考える場にしたいと望んでおります。
 
 
プログラム:    
13:00-13:05 開会の辞
M・ウィリアム・スティール (国際基督教大学アジア文化研究所所長)
 
  1. 歴史の中の「復興」と「支援」  
13:05-13:25 M・ウィリアム・スティール (国際基督教大学)
「東北の大飢饉1904-05―国際支援の二面性―」
 
13:25-13:50 河西英通(広島大学 )
「東北はどこへ行った? ―奪われた歴史、消された記憶、失われた情景―」
 
13:50-14:15 川内淳史(歴史資料ネットワーク事務局)
「がれきに埋もれた地域アイデンティティ―大震災から歴史資料を救う―」
 
14:15-14:25 これまでのまとめと質疑応答  
  2. 特別講演  
14:25-15:05 多田一彦(遠野まごころネット)
「「復興」の現実」
 
15:10-15:40 ティーブレイク  本部棟204号室。写真の展示もしています。  
  3. 大学と「復興支援」―批判的総括と未来への展望―  
15:40-16:05 村上むつ子(国際基督教大学サービス・ラーニングセンター)
「各大学の支援活動の概括+ICUボランティアの体験」
 
16:05-16:20 ポール・ジョンソン (国際基督教大学教会牧師)
「ICUの恥―何をして、何をしなかったか―」
(英語)
16:20-16:40 能田昴(国際基督教大学2年生)
「支援活動とリベラル・アーツ―学生の自覚と「継続」について―」
 
16:40-16:45 休憩 / Break  
16:45-17:10 西田昌之(国際基督教大学アジア文化研究所)
「「復興」その後―2004年スマトラ沖大地震を事例に―」
 
17:10-17:35 石川与志也(国際基督教大学高等臨床心理学研究所)
「高等臨床心理学研究所の支援活動と「心の復興」の今」
 
17:35-18:00 加藤恵津子(国際基督教大学 )
「「役立たず」を目指して―福島県相馬郡新地町での学生フィールドワークから―」
 
18:05-18:45 4. 総合ディスカッション  
     

どなたでも参加できます。

Poster    Program
 





 

過去のシンポジウム (1998年より )