第4回R-Weeks

2016-05-30

カテゴリ: , ,

Rweeks2016l.png

 6月第1~2週(2016年度は5月30日(月)~6月11日(土))は、第4回「R-Weeks」です。
 R-Weeks Projectは、ジェンダー・セクシュアリティを中心に、キャンパスで感じた様々な問題に対して、声を上げられる環境作りを目指し、イベント開催やパンフレットの制作などを行います。誰もが安心して生活できるキャンパスを、一緒に作っていきましょう。

※6月9日(木)日中に、もう1本イベントを開催予定です(5月25日現在、内容調整中)。
詳細がまとまり次第、追ってお知らせします。

+ - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + -

パネル展「ふわりんといっしょ」

日時
2016年5月30日(月)~6月10日(土)

場所
本館3階ラウンジ

+ - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + -

講演会:国際法から考える同性婚/同性パートナーシップ制度

日時
2016年5月30日(月) 12:50-15:00(ランチ・4限)
参加費無料・予約不要

会場
本館213

使用言語
日本語(同時通訳なし)

講師
谷口洋幸
高岡法科大学 准教授

 近年、世界各国で同性婚や同性パートナーシップの法制度化が急速に進んでいます。日本国内においても同性パートナーシップの条例化や要綱での対応といった自治体レベルでの取り組みが開始されており、注目も集めはじめています。しかしそもそも、パートナーシップとは、そしてそれをめぐる法制度とは、どういったものなのでしょうか。
 2016年のR-weekオープニンイベントでは、国際法・ジェンダー法学をご専門とする谷口洋幸さんをお迎えし、諸外国における同性婚・同性パートナーシップ制度の法制度化の経緯とその意味・意義についてご講演いただきます。あわせて、日本における性的指向と性自認に関する人権状況についての国連の評価などもお話いただく予定です。
 皆さま、お誘い合わせの上ふるってご参加ください。

+ - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + -

ミニワークショップ:いっしょにつくろう!「やれることリスト at University」

日時
2016年6月1日(水) 13:00-14:30
予約不要、参加費無料

会場
本館103(先着20名)

使用言語
日本語、英語(同時通訳なし)

司会
樋口優也(CGS研究所助手)、加藤悠二(CGS職員)

 ICUでいやな思いをしたこと、でも変わりはしないと諦めたりしたこと、ありませんか?
 CGSでは、「どうせ無理」を「できるかも」に、「できるかも」を「できた!」に変えるために、「ジェンダー・セクシュアリティとキャンパスライフ Vol.2:やれることリスト at University(仮)」を9月に発行したいと考えています。「やれることリスト」にあなたの意見を聞かせてください!
 当日はCGSで用意した「やれることリスト」の原案をたたき台に、皆さんの経験や意見をシェアできる会にしたいと思っています。

+ - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + -

第2回 すみれカフェ テーマ:Think About Relationship

日時
2016年6月6日(月)18:00-20:30
予約不要、途中参加・退室も自由。入場無料(茶菓代の寄付は歓迎!)。

会場
ジェンダー研究センター(ERB-1 301)

 すみれの花言葉は、「誠実」「小さな幸せ」です。
 あなたは、自分の心に誠実ですか?
 パートナーのいるあなたは、お互いを大切にできていますか?
 パートナーが今いなくても関係性について話してみたい人も、
友だちや家族、身近な誰かのことが気にかかっている人も。
 すみれカフェで、恋愛のこと、付き合うということ、
暴力のない関係について、お話しませんか?
 すみれにちなんだお菓子と一緒に、お待ちしています。

 むらさき色は、女性に対する暴力をなくすための国際的なキャンペーンカラー。
 すみれネットワークでは、ジェンダー・セクシュアリティを問わず、お互いに暴力のない関係を築くきっかけを、みんなで一緒に考えていきます。

すみれカフェ 世話人
佐藤真依子(ID17,すみれネットワーク有志学生)、加藤悠二(CGS職員)

+ - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + -

WEL-COMING OUT!! 家族と友人にできること

日時
2016年6月7日(火)14:00-16:00
 [Lecture] 14:00-15:00(コンボケーションアワー)
 [Q&A] 15:10-16:00
  ※ どちらか片方だけの参加も大丈夫です!
入場無料・予約不要

会場
本館116

言語
日本語(同時通訳なし)

講師
小林りょう子
NPO法人「LGBTの家族と友人をつなぐ会」東京理事

司会・コーディネーター
松田 英亮 (ICU 18)、加藤悠二(CGS職員)

 小林りょう子さんはFtMの子を持つ親として、LGBTやその家族・友人を支援する活動を行っています。
 今回は、ご自身の経験、そして語らう「場」を作る活動の実践から、カミングアウトとは何か、「する側」と「される側」の相互理解について、友人・家族に何ができるのか、今後の展望などをご講演頂きます。
 自分の事を話し、相手との関係性を新しくより良いものに変えていこうという姿勢、ウェルカミングアウト!
 あなたにとってのカミングアウトを、一緒に考えてみませんか?

+ - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + -

第33回 ふわカフェ テーマ:Revolutionary

日時
2016年6月9日(木)
予約不要、途中参加・退室も自由。入場無料(茶菓代の寄付は歓迎!)。

会場
ジェンダー研究センター(ERB-1 301)

 R-Weeksに合わせて開催される6月ふわカフェ、トークテーマはズバリ「Revolutionary」です。
 大きな革命もあれば、小さな革命もある。
 社会のこういうところが変わればいいなぁとか、自分にとってこういうことが革命的だったなぁなとか、人それぞれ革命的な何かを持っていると思います。
 そんな胸アツなふわカフェで、あなたのRevolutionについて、ふわっとおしゃべりしてみませんか?
 カクメイは、カフェから始まる...!?

ふわカフェ 世話人
Lindsay Morrison, Stefan Wuerrer

+ - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + -

研究成果発表会:問題なのは社会=制度的構造だ ―日本における性的マイノリティと収入の探索的分析

日時
2016年6月10日(金) 15:10-17:00
予約不要、参加費無料

会場
本館115

使用言語
日本語(同時通訳なし)

発表
平森大規
ワシントン大学大学院博士前期課程、ジェンダー研究センター研究メンバー

 ICUを卒業し、ワシントン大学大学院博士前期課程に進学した平森大規さんは、修士論文を執筆するとともに、CGS研究メンバーとして、「LGBTに関する職場環境アンケート」の分析にも2014年より携わっています。
 修士課程修了を控えたいま、これまでの研究成果をご報告いただく機会を設けました。
 社会学(特に計量研究)やフェミニスト・クィア調査法に関心のある方、海外も視野に含めた大学院進学を考えている方、「LGBTと職場環境」に関して興味のある方など、どんな方も大歓迎です。
 ふるってご参加ください。

+ - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + -

【同日開催】ふわっとジョブカフェ

日時
2016年6月10日(金)17:15-19:00
予約不要、途中参加・退室も自由。入場無料(茶菓代の寄付は歓迎!)。

会場
ジェンダー研究センター(ERB-1 301)

主催
ジェンダー研究センター

宣伝協力
就職相談グループ

 就職活動や将来の仕事について考えたことはありますか? 履歴書には性別欄があるところが多いし、ジェンダーを問わず面接で結婚について聞かれるなんて噂も... そもそも働くことをめぐる状況はどうなっているんだろう? そんな就活に関して気になること思っていることなどを、まずみんなで話してみませんか?

ふわっとジョブカフェ世話人
加藤悠二(CGSスタッフ) ほか

+ - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + -

ICUジェンダー研究センター主催 第2回「Rainbow Reunion」

日時
2016年6月11日(土)13:00~16:00

場所
アラムナイハウス 2階ラウンジ
(ICU学内、東京都三鷹市大沢3-10-2)

会費
学生500円~
その他1,000円~(任意の金額をお支払いください)

※会費は、当日の軽食・ドリンク代および会場費に充てられます。残金が出た場合は、ジェンダー・セクシュアリティ研究の優秀な卒論におくられる、「ジェンダー・セクシュアリティ レインボー賞」の資金に寄付させていただきます。

※小学生以下無料です。

参加対象者
ICU(大学又は高校)での在学経験、就労経験がある方。
CGSのイベントなどにご参加いただいた、ジェンダー・セクシュアリティに関心のある方。(当日CGSのイベントに初めて参加する、という方もどうぞお越しください)。

ご参加の申し込みについて
当日のご参加も可能ですが、おおよその人数を知りたいので、5月27日(金)までに下記メールアドレスまでお知らせください。

rainbowreunion.cgs☆gmail.com (☆を@に変えてください)


 CGS(国際基督教大学ジェンダー研究センターCenter for Gender Studies)は、ジェンダー・セクシュアリティの研究に関心がある全てのひとに開かれた、新しいコミュニケーションスペースとして、2004年4月に発足しました。
 この10年超のあいだ、CGSは、アカデミズム・アクティビズムの垣根を越えた、数多くの企画を行なってきました。学内・学外を問わず、ジェンダー・セクシュアリティをめぐる諸問題に興味を持つ多くの人にお集まりいただく中で、さまざまな人と人とのつながりが生まれ、広がってきたことを実感しています。
 そこで、来たる6月11日(土)に「Rainbow Reunion」と銘打ったCGS主催の「同窓会」第2回を、アラムナイハウスにて開催します!!

 ICU在学中に、ジェンダー・セクシュアリティを学んだ方もそうでない方も......
 セクシュアリティのこと、からだのこと、アイデンティティのことetc.を気軽に話せるひとが身近にいた方もそうでない方も......
 CGSのイベントにたびたび参加いただいた方も、今回初めてとなる方も......

 これまでと現在を、ゆるやかに語り合い、そしてまた新たなつながりが生まれる場所になればと思います。

 どうぞふるってご参加ください!

・アラムナイハウス 1階にユニバーサルトイレがあります。2階へはエレベーターで上がることができます。
・途中参加・退出などもOKです。ご都合にあわせてご参加ください。
・ドレスコードはございません。ご自身のお好みの服装にてお越しください。
・会場内での写真撮影は自由ですが、他の参加者の方のプライバシーが守られるようにお願いいたします。
・お子様のご来場も歓迎しております。(託児施設はございません)。
・イベント内容の詳細情報、変更、当日の異常気象などで中止となる場合は
 CGS Online  (http://subsite.icu.ac.jp/cgs/)
 Facebook (https://www.facebook.com/icu.cgs)
 Twitter (@icu_cgs) にてお知らせいたします。


    Copyright © 2018 ICU International Christian University - All Rights Reserved
    第4回R-Weeks ジェンダー研究センター  Jp sitemap  En sitemap